ジェフ便り

【琉球vs千葉】レポート:縦パスや流動性に課題は残るもクレーベが2得点し、体を張った守備で無失点勝利

【琉球vs千葉】試合前の江尻篤彦監督コメント「どちらが効果的に縦パスを入れられるかが大きなポイントになる」

2019年07月30日 13:34 by akanuma_keiko

※写真撮影:7月24日

Q:これから暑くなる中、(第25節の)琉球、(第26節の)鹿児島との沖縄・九州地方でのアウェイ2連戦は、集中力とハードワークが必要となるかと思います。
「まさにそうです。前節(第24節)の横浜FC戦は、ビデオを見返せば見返すほど、もったいないなとすごく感じています。自分たちのやりたい守備のタスクなど、与えたものに対して選手たちは一生懸命やってくれました。その中で、レアンドロ(・ドミンゲス)選手も、交代して出てきたイバ選手も、そんなに彼らに(やらせてしまった)という部分はなかったのですが、要所、要所、リスタートでやられてしまった。これはチームの大きな問題なので、ないがしろにはできません。たまたまやられたということではないので、しっかりここは修正しなければいけないと思っています。

ただ、悲観する必要はないと思っています。横浜FC戦では攻撃の部分もそうですし、もう少し自分たちが守備のところである程度相手に持たせるというか、僕らがブロックをうまく組みながらも自分たちでもう少し奪いに行くこと、その回数をちょっと増やしたいという課題は出たかなと思っています。(相手に)何かをされているわけではないけれど、その『されていない時間帯』を相手のペースにせず、こちらがもっと意図的にボールを奪いに行きたいというのは、これ以降の大きな課題にはなったと思うので、次の琉球戦、鹿児島戦に向けて、やっていきたいと思っています」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【甲府戦直前レポート】攻守で球際の勝負をしっかり制し、縦パスと裏を取る動きを生かして得点を狙う

【甲府戦直前レポート】攻守で球際の勝負をしっかり制し、縦パスと裏を取る動きを生かして得点を狙う

江尻篤彦監督「本当にやっている、いい選手を使っていきたいなと思うし、トレーニングでもきっちりやっているヤツが(試合に)出て行く」

【甲府戦直前レポート】攻守で球際の勝負をしっかり制し、縦パスと裏を取る動きを生かして得点を狙う

【大宮戦直前レポート】パスコースを限定させてボールを奪い、素早い攻守の切り替えでシュートを狙う

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)