ジェフ便り

【千葉vs横浜FC】レポート:マークの甘さもあってセットプレーで3失点し、攻撃はチャレンジ不足で逆転負け

為田大貴選手「内容はちょっとずつよくなってきていると思うし、セットプレーは改善できるところだと思う」

2019年07月28日 01:37 by akanuma_keiko

●為田大貴選手:

Q:先制点の得点シーンについて教えてください。
「クレーベが(ボールを)収めてくれるのはもうわかっていたし、あそこで簡単にはたいてくれたので、(横浜FCの選手と)うまく入れ替われました。もちろんああやってクレーベが警戒されて、クレーベのところに(横浜FCの選手を)引きつけてくれたので。もうボールを運んでいく『道』というかそういうものがあそこはもう出ていたので、ゴールに向かって途中から、まあ、相手がたぶんなんかちょっと(ペナルティエリアの)中も意識してちょっと出てくるのが遅かったので、そのぶんうまく途中から軌道をゴールに向けることができたと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

見木友哉選手「(プロ初ゴールは)率直にうれしいですけど、チームとして勝てなかったので、悔しさのほうが大きいです」

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

エベルト選手「センターバックの選手、DFの選手としては毎試合失点していることは本当に悔しいし、自分たちでコミュニケーションをとって、何とか失点しないようにしなきゃいけない」

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)