ジェフ便り

【千葉vs横浜FC】レポート:マークの甘さもあってセットプレーで3失点し、攻撃はチャレンジ不足で逆転負け

【千葉vs横浜FC】プレビュー:攻守でハードワークを徹底し、流動性の高い攻撃と体を張った守備で勝利を目指す

2019年07月26日 18:28 by akanuma_keiko

ともに監督交代後も調子が上がりきらないため状況がなかなか好転せず、苦しい戦いが続いていた福岡と対戦した前節(第23節)の千葉。11分に船山貴之が蹴った直接FKがゴールとなって先制すると、その後も流れの中からゲリアが、そしてCKから鳥海晃司が決定機を作った。それを決めきれないでいると、21分から22分にかけて今度は福岡が連続で決定機を作る。ディフェンスラインの裏に飛び出した福岡の木戸皓貴のシュートはゴールポスト直撃となり、そのこぼれ球を拾った木戸が松田力と動きが重なって同じタイミングで打ったシュートはクロスバー直撃でノーゴール。福岡の決定力不足に救われた千葉は、後半にクレーベが3本、決定的なヘディングシュートを放ったものの、福岡のGKのセランテスの連続ファインセーブで得点できない。しかし、54分にFK後の流れから増嶋竜也がヘディングシュートを決めて追加点を奪うと、59分にクレーベが熊谷アンドリューのスルーパスを受けてゴールをゲット。その後も優位に試合を進めて3-0で勝ち、今季初の複数得点&無失点の勝利となった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

見木友哉選手「(プロ初ゴールは)率直にうれしいですけど、チームとして勝てなかったので、悔しさのほうが大きいです」

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

エベルト選手「センターバックの選手、DFの選手としては毎試合失点していることは本当に悔しいし、自分たちでコミュニケーションをとって、何とか失点しないようにしなきゃいけない」

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)