ジェフ便り

【千葉vs横浜FC】レポート:マークの甘さもあってセットプレーで3失点し、攻撃はチャレンジ不足で逆転負け

【無料掲載】7/24練習の様子(写真7枚)

2019年07月26日 11:53 by akanuma_keiko

ミニゲーム形式の攻守のトレーニングで、マイボールになると持ち上がって攻撃参加をしていたベラスケス。

ミニゲーム形式の攻守のトレーニングで、ボールを保持するとサイドをドリブルで攻め上がろうとする茶島雄介。

ミニゲーム形式の攻守のトレーニングで対戦していない時、どしゃ降りの雨で濡れた顔を両手で覆って拭っていた下平匠。

ミニゲーム形式の攻守のトレーニングで、マイボールにするとサイドをドリブルで仕掛けていた工藤浩平。

ミニゲーム形式の攻守のトレーニングで、サイドを攻め上がった工藤浩平がパスを出すのをブロックしようとする鳥海晃司。

ここ最近の試合ではベンチ外となることがあるが、ミニゲーム形式の攻守のトレーニングでは攻め上がりからの見事なシュートを決めるなどトレーニングで奮闘していた新井一耀。

全体トレーニングが終わったあとの自主練習で、1対1からシュートに持ちこむトレーニングをやっていた古川大悟と本田功輝。

関連記事

為田大貴選手「使ってもらえての200試合だと思うので、そこはまず使ってもらえていたことに感謝したい」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

鳥海晃司選手「攻撃の時はミスなくシンプルに(味方の選手にボールを)預けて、守備になった時にしっかり体力を使えるように」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

米倉恒貴選手「チームとしてこれは絶対に揺るがないという安定したところを毎試合出していければ」

【山形vs千葉】レポート:粘り強く守った結果の無失点は好材料だが、脅威となる攻撃が少なくスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)