ジェフ便り

【千葉vs横浜FC】レポート:マークの甘さもあってセットプレーで3失点し、攻撃はチャレンジ不足で逆転負け

【無料掲載】7/24練習の様子(写真7枚)

2019年07月26日 11:53 by akanuma_keiko

ミニゲーム形式の攻守のトレーニングで、マイボールになると持ち上がって攻撃参加をしていたベラスケス。

ミニゲーム形式の攻守のトレーニングで、ボールを保持するとサイドをドリブルで攻め上がろうとする茶島雄介。

ミニゲーム形式の攻守のトレーニングで対戦していない時、どしゃ降りの雨で濡れた顔を両手で覆って拭っていた下平匠。

ミニゲーム形式の攻守のトレーニングで、マイボールにするとサイドをドリブルで仕掛けていた工藤浩平。

ミニゲーム形式の攻守のトレーニングで、サイドを攻め上がった工藤浩平がパスを出すのをブロックしようとする鳥海晃司。

ここ最近の試合ではベンチ外となることがあるが、ミニゲーム形式の攻守のトレーニングでは攻め上がりからの見事なシュートを決めるなどトレーニングで奮闘していた新井一耀。

全体トレーニングが終わったあとの自主練習で、1対1からシュートに持ちこむトレーニングをやっていた古川大悟と本田功輝。

関連記事

【甲府戦直前レポート】攻守で球際の勝負をしっかり制し、縦パスと裏を取る動きを生かして得点を狙う

【甲府戦直前レポート】攻守で球際の勝負をしっかり制し、縦パスと裏を取る動きを生かして得点を狙う

江尻篤彦監督「本当にやっている、いい選手を使っていきたいなと思うし、トレーニングでもきっちりやっているヤツが(試合に)出て行く」

【甲府戦直前レポート】攻守で球際の勝負をしっかり制し、縦パスと裏を取る動きを生かして得点を狙う

【大宮戦直前レポート】パスコースを限定させてボールを奪い、素早い攻守の切り替えでシュートを狙う

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)