ジェフ便り

【千葉vs横浜FC】レポート:マークの甘さもあってセットプレーで3失点し、攻撃はチャレンジ不足で逆転負け

【無料掲載】7/24練習の様子(写真7枚)

2019年07月26日 11:53 by akanuma_keiko

ミニゲーム形式の攻守のトレーニングで、マイボールになると持ち上がって攻撃参加をしていたベラスケス。

ミニゲーム形式の攻守のトレーニングで、ボールを保持するとサイドをドリブルで攻め上がろうとする茶島雄介。

ミニゲーム形式の攻守のトレーニングで対戦していない時、どしゃ降りの雨で濡れた顔を両手で覆って拭っていた下平匠。

ミニゲーム形式の攻守のトレーニングで、マイボールにするとサイドをドリブルで仕掛けていた工藤浩平。

ミニゲーム形式の攻守のトレーニングで、サイドを攻め上がった工藤浩平がパスを出すのをブロックしようとする鳥海晃司。

ここ最近の試合ではベンチ外となることがあるが、ミニゲーム形式の攻守のトレーニングでは攻め上がりからの見事なシュートを決めるなどトレーニングで奮闘していた新井一耀。

全体トレーニングが終わったあとの自主練習で、1対1からシュートに持ちこむトレーニングをやっていた古川大悟と本田功輝。

関連記事

米倉恒貴「トレーニングで普段よりも精神的にも肉体的にも追い込んでいるぶん、試合でここぞという時に頑張れるとかトレーニングで体に染みついてきていると思う」

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

チャンミンギュ「残念だなと思いますけど、うまくいっていなかった部分を修正することができる期間だと、その部分は肯定的に受け止めている」

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

【3月25日 練習レポート】味方と相手の動きをしっかりと見て、攻守ともに連係よく的確にプレーする

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)