ジェフ便り

【岐阜vs千葉】レポート:前半に多くの決定機を作るも逆転できず、苦戦した後半の土壇場の得点で引き分ける

増嶋竜也選手「そんなに悪くなかったし、前に攻撃的に行ける。距離感も今は4バックのほうがいい」

2019年07月13日 09:30 by akanuma_keiko

【写真】前節(第21節・徳島戦)では江尻篤彦監督が就任してから採用していた3バックから4バックに変更したが、増嶋竜也は「そんなに悪くなかったし、前に攻撃的に行ける。距離感も今は4バックのほうがいい」と手応えを感じていた。

●増嶋竜也選手:
Q:前節(第21節・徳島戦)はシステムを3バックから4バックに変えましたが、失点は1失点でした。以前にも4バックでやっていましたが、そのあたりの修正については手応えとしてはどうでしたか。
「別にそんなに悪くなかったし、むしろ前に攻撃的に行けるので、これでもうちょっとうまくやっていければいいのかなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

小島秀仁選手「今は内容にこだわっている場合じゃない。勝ち癖をつけないといけないし、1つ勝たないと流れも来ない」

【千葉vs甲府】レポート:意識付けされたことが実践できず、判断やプレーのミスでの連続失点で4連敗

見木友哉選手「自分が出た試合は2分2敗で勝っていない。自分が出て活躍した試合で勝って喜びたい」

【千葉vs甲府】レポート:意識付けされたことが実践できず、判断やプレーのミスでの連続失点で4連敗

【甲府戦直前レポート】攻守で球際の勝負をしっかり制し、縦パスと裏を取る動きを生かして得点を狙う

【千葉vs甲府】レポート:意識付けされたことが実践できず、判断やプレーのミスでの連続失点で4連敗

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)