ジェフ便り

【岐阜vs千葉】レポート:前半に多くの決定機を作るも逆転できず、苦戦した後半の土壇場の得点で引き分ける

見木友哉選手「緊張もしましたけど、1試合出たことで2試合目からは緊張もとれてくると思うし、もっとしっかりやっていかなくちゃいけない」

2019年07月13日 09:29 by akanuma_keiko

【写真】前節(第21節・徳島戦)でJリーグデビューしたJFA・Jリーグ特別指定選手の見木友哉は「怪我が治って2週間くらいの出場だったので早いと思いますけど、自分としてはこのくらいのタイミングで出ないといけないと思っていた」と振り返った。

●見木友哉選手:
Q:前節(第21節・徳島戦)でJリーグデビューとなりましたが、ご自分の中では思っていたよりもタイミングが早かったなという感じでしたか。それとも、トレーニングなどの雰囲気からそろそろ試合に出ないといけないという感じでしたか。
「うーん、でも、JFA・Jリーグ特別指定選手のお話をいただいて、リリースが出た時には怪我をしていたんですけど、怪我をしていた時にはすぐに試合に出るつもりでいたので。怪我が治ってからのトレーニングから2週間後に試合に出たというのは、そういう意味では早いと思いますけど、自分としてはこのくらいのタイミングで出ていかなきゃいけないと思っていたという感じです」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【尹晶煥監督就任記者会見全文】「私は率先して、選手たちを変えていかなければいけないと思っています。すべてのところでやっていかないといけない」

【尹晶煥監督就任記者会見全文】「私は率先して、選手たちを変えていかなければいけないと思っています。すべてのところでやっていかないといけない」

【栃木戦直前レポート】ボールホルダーに厳しくプレッシャーをかけ、クサビのパスのあとの攻め方を大事にする

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

【無料掲載】11/21練習の様子(6枚)

【千葉vs栃木】レポート:『1点』を奪いきれずにマークミスで失点と、今季を象徴する攻守の課題が出た敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)