ジェフ便り

【岐阜vs千葉】レポート:前半に多くの決定機を作るも逆転できず、苦戦した後半の土壇場の得点で引き分ける

見木友哉選手「緊張もしましたけど、1試合出たことで2試合目からは緊張もとれてくると思うし、もっとしっかりやっていかなくちゃいけない」

2019年07月13日 09:29 by akanuma_keiko

【写真】前節(第21節・徳島戦)でJリーグデビューしたJFA・Jリーグ特別指定選手の見木友哉は「怪我が治って2週間くらいの出場だったので早いと思いますけど、自分としてはこのくらいのタイミングで出ないといけないと思っていた」と振り返った。

●見木友哉選手:
Q:前節(第21節・徳島戦)でJリーグデビューとなりましたが、ご自分の中では思っていたよりもタイミングが早かったなという感じでしたか。それとも、トレーニングなどの雰囲気からそろそろ試合に出ないといけないという感じでしたか。
「うーん、でも、JFA・Jリーグ特別指定選手のお話をいただいて、リリースが出た時には怪我をしていたんですけど、怪我をしていた時にはすぐに試合に出るつもりでいたので。怪我が治ってからのトレーニングから2週間後に試合に出たというのは、そういう意味では早いと思いますけど、自分としてはこのくらいのタイミングで出ていかなきゃいけないと思っていたという感じです」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

為田大貴選手「使ってもらえての200試合だと思うので、そこはまず使ってもらえていたことに感謝したい」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

鳥海晃司選手「攻撃の時はミスなくシンプルに(味方の選手にボールを)預けて、守備になった時にしっかり体力を使えるように」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

米倉恒貴選手「チームとしてこれは絶対に揺るがないという安定したところを毎試合出していければ」

【山形vs千葉】レポート:粘り強く守った結果の無失点は好材料だが、脅威となる攻撃が少なくスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)