ジェフ便り

【岐阜vs千葉】レポート:前半に多くの決定機を作るも逆転できず、苦戦した後半の土壇場の得点で引き分ける

江尻篤彦監督「どんなゲームになるのか楽しみですし、北野監督がどんな戦略を練ってくるのかもわからない。こちらとしたらいろんな準備をしておくべきだと思います」

2019年07月11日 18:56 by akanuma_keiko
 
【写真】フィールドプレーヤーが2つのグループに分かれ、そのグループの中での攻守のトレーニングを行なっているのに対して、やるべきプレーや行くべきポジションを大きな声で指示していた江尻篤彦監督。
 

●江尻篤彦監督:

 
Q:トレーニングの予定があった8日を急にオフにしたのは?
「ああ、リセット、リセットです」
 
Q:リセットですね。やはりもちろん体もメンタルもリセットということで。
「はい。1回、ちょっとフレッシュにしてもらうという狙いですね」
 
Q:J2リーグの後半戦に向けてということですね。
「そうですね。明日のミーティングでまた後半戦に向けての新たな目標というか、そういうのもを明確に伝えるつもりでいるんですけども、狙いとしては本当に心も体もというか、どちらかといったら体ではなくて心のほうで、心をリセットしてほしくて」
 
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【無料掲載】9月11日練習の様子(写真6枚)

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【水戸戦直前レポート】前の選手を追い越す『3人目』の動きで得点し、攻守で走り勝つことがポイント

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

佐藤勇人選手「フクアリでこれだけ勝てないことは今までない。多くの人が来てくれているので、結果で応えたい」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)