ジェフ便り

【千葉vs町田】レポート:小さなミスの積み重ねで狙いの攻撃の形をなかなか作れず、マークミスの2失点で敗戦

【千葉vs町田】プレビュー:さまざまな部分でハードワークをやり続け、戦況を自分でいい方向に変えて勝ちたい

2019年06月28日 17:11 by akanuma_keiko

9年ぶりの千葉ダービーとなった前節(第19節)だが、立ち上がりから柏の速くて激しいプレスに押され、千葉は攻守ともに思うように機能しなかった。前半のうちに2失点を喫すると、江尻篤彦監督は2失点目のあとにシステムを3バックから4バックに変更。さらに、後半開始時に乾貴哉に代えて下平匠、堀米勇輝に代えて佐藤寿人をピッチに入れ、戦況を変えようとした。だが、攻撃時の再三のボールロストに加えて、守備では柏からの期限付き移籍で契約のため出場不可の増嶋竜也を欠いたディフェンスラインの裏やサイドのスペースに柏の選手が突破を図るのを防げず、戦況は変化しなかった。千葉のシュートはわずか2本だったのに対して柏のシュートは17本で、スコアこそ0-2だったものの「攻守ともに完敗です」と試合後に熊谷アンドリューが言うほどだった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

佐藤勇人選手「千葉県民として今日は本当にパワーをもらいました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

クレーベ選手「今日はゴールを決めたらタカのところに行こうかなと思っていたんです」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)