ジェフ便り

【柏vs千葉】レポート:球際の勝負での個の力も連係という組織の力も柏に負け、攻守でいいところなく完敗

【柏戦直前レポート】柏の攻守を意識したポジショニング、ボールを奪った瞬間の動き出しで勝ちきる。

2019年06月21日 11:58 by akanuma_keiko

梅雨の中休みとはいえ、気温がかなり高く、真夏のような強い陽射しが降り注いでいた6月19日のユナイテッドパーク。ただ、梅雨で気温が高いとなるととても蒸し暑くなって不快に感じることもあるが、この日は湿度がそれほど高くなく、吹いてくる風は乾いているため涼しく感じられた。

10時からのトレーニングだが、GK陣が先に練習グラウンドに出てきてトレーニングを開始し、フィールドプレーヤーは10時15分より少し前にトレーニングを開始した。

フィールドプレーヤーはウォーミングアップを終えると、ステップワークとボールコントロールの組み合わせで4つのコースが設定されたトレーニングを行なった。そのコースによって、マーカー(通称ペタ)、ポール、大きなリングがステップワークに使われていた。ボールコントロールはコーチ陣がボール出しを行なったグラウンダーのパス、浮き球のパス、ボールを宙に高く上げたものなどに対して、ステップワークを終えたあとに連続でダイレクトパスをしたり、ヘディングをしたりというものになっていた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【甲府戦直前レポート】攻守で球際の勝負をしっかり制し、縦パスと裏を取る動きを生かして得点を狙う

【甲府戦直前レポート】攻守で球際の勝負をしっかり制し、縦パスと裏を取る動きを生かして得点を狙う

江尻篤彦監督「本当にやっている、いい選手を使っていきたいなと思うし、トレーニングでもきっちりやっているヤツが(試合に)出て行く」

【甲府戦直前レポート】攻守で球際の勝負をしっかり制し、縦パスと裏を取る動きを生かして得点を狙う

【大宮戦直前レポート】パスコースを限定させてボールを奪い、素早い攻守の切り替えでシュートを狙う

【大宮vs千葉】レポート:システムの選択と選手の状況判断のミスがあり、2失点の前半が大きく影響した敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)