ジェフ便り

【栃木vs千葉】レポート:ミスから招いたカウンター攻撃で失点せずに済むも創意工夫と精度を欠いてノーゴール

堀米勇輝選手「試合を決定づけられる選手になっていかなきゃいけない」

2019年06月08日 12:44 by akanuma_keiko

前節(第16節・長崎戦)の試合前にはセレモニーが行なわれたJ通算200試合出場について、堀米勇輝は「いろんなチームにお世話になっての今があると思うので、今まで関わっていただいた方々に活躍しているところを見せられるように頑張っていきたい」と語った。

●堀米勇輝選手:
Q:前節(第16節・長崎戦)の試合前にはJ通算200試合出場のセレモニーが行われましたが、率直に200試合の出場を積み上げてきたことに対してのご自身の感想というか思いというのを教えてください。
「まあ、そうですね。いろんなチームにお世話になっての今があると思うので、今まで関わっていただいた方々に活躍しているところを見せられるように、これからも頑張っていきたいなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【2020シーズン新体制発表会見 第1部】森本航代表取締役、髙橋悠太GM、尹晶煥監督のコメント

【2020シーズン新体制発表会見】第1部、第2部

【2020シーズン新体制発表会見 第2部】新加入選手のコメント

【2020シーズン新体制発表会見】第1部、第2部

【チーム始動レポート】シーズンを最後までしっかり戦い抜く走力とスタミナをつける

【チーム始動レポート】シーズンを最後までしっかり戦い抜く走力とスタミナをつける

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)