ジェフ便り

【東京Vvs千葉】レポート:複数の追加点のチャンスで決めきれず、相手の変化を受けたミス絡みの失点で引き分け

【東京Vvs千葉】プレビュー:守備陣を揺さぶる攻撃で得点を狙い、プレス&ラインコントロールで失点を阻止したい

2019年05月24日 14:45 by akanuma_keiko

岐阜と対戦した前節(第14節)の千葉は、第11節・大宮戦以来のスタメンとなった増嶋竜也が、相手のボールの動かし方に合わせてディフェンスラインをコントロール。出足の鋭い前線からのプレスとの相乗効果で、チーム全体をコンパクトにしたことで攻守が機能した。熊谷アンドリューと矢田旭のダブルボランチも攻撃時には高い位置を取ったり、縦パスを入れたりしたことで、早いタイミングでサイド攻撃を仕掛け、フィニッシュに持ちこむことができた。また、増嶋と同様に第11節以来のスタメン出場だった堀米勇輝が、持ち味のドリブルでの仕掛けと正確なプレースキックで活躍。10分に堀米のCKからの流れで船山貴之が先制点を奪うと、わずか2分後に堀米のCKのボールに新井一耀が頭で合わせて追加点を奪った。さらに、22分に熊谷の縦パスを受けたクレーベのヒールパスから船山がゴールを奪い、36分には矢田のパスカットからクレーベがうまくシュートを決め、前半で4-0の大量リードとなった。

ただし、その大量リードは後半が開始して間もない時間帯に岐阜に2回決定機を作られた要因にもなった。岐阜が40分に選手交代を行なって3バックから4バックにシステムを変更したのには対応できた千葉だが、後半開始時は「隙というか余裕が出てきて、(ディフェンスラインの)後ろに走った選手に対して(マークを)放す選手が何人かいた」(増嶋)とのことで、今後に向けて「最後まで集中できるようにしなきゃいけない」(増嶋)という反省点となった。さらに、千葉は63分にクレーベが船山とのワンツーから勝利を決定づけるゴールを奪い、あとは無失点で試合を終えることがポイントになったが、90分にロングパスから岐阜のライアン デ フリースにディフェンスラインの裏を取られて失点。アクシデントによる乾貴哉のやむを得ない交代があったため、右は茶島雄介、左は為田とサイドバックは不慣れな攻撃的な選手となったこともあり、ラインコントロールやポジショニングがうまくいかなかった影響もあっての失点だった。

今節でももちろんラインコントロールは守備の重要なポイントとなる。東京Vはもともとショートパスをリズムよくつなぐなどパスワークに定評があるチームだが、その一方で抜け目なく相手のディフェンスラインの背後のスペースを狙ってくる。ましてや、今季の東京Vには2016年シーズンから昨季まで千葉のディフェンスリーダーを務めた近藤直也がいる。千葉に在籍していた時、対戦相手にやられて嫌だったことを当然、狙ってくるはずだ。それだけに、東京Vにタイミングよくロングパスを出させないように、そして東京Vのパスワークを寸断できるように、千葉は前から連動したプレスをかけたい。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

佐藤勇人選手「千葉県民として今日は本当にパワーをもらいました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

クレーベ選手「今日はゴールを決めたらタカのところに行こうかなと思っていたんです」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)