ジェフ便り

【東京Vvs千葉】レポート:複数の追加点のチャンスで決めきれず、相手の変化を受けたミス絡みの失点で引き分け

佐藤優也選手「やっぱり前に一緒にやっていた仲間と試合をやっていてもおもしろい。でもしっかりとした勝負なので、そこにはこだわっていきたい」

2019年05月24日 11:24 by akanuma_keiko

【写真】前節(第14節・岐阜戦)は前半の終盤に相手が選手交代によってシステムを変えたが、千葉はきちんと対応できていたことについて、佐藤優也は「自分たちのペースででき続けていたということが理由」だと答えた。

●佐藤優也選手
Q::前節(第14節・岐阜戦)は全体的にチームが相手を押し込む展開で戦えてしましたが、優也選手が後ろからのビルドアップに関われていたのがすごく大きな要因だと思うのですが、それについてはどのように感じながら、考えながらプレーされていましたか。
「チームとしてそうやろうというふうになったので、やっただけです」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

為田大貴選手「使ってもらえての200試合だと思うので、そこはまず使ってもらえていたことに感謝したい」

【千葉vs群馬】試合後の選手コメント:為田大貴選手「毎年、こういう状況が続いているというのが現状だと思うので、どこかで早めに打開しないといけない」

鳥海晃司選手「攻撃の時はミスなくシンプルに(味方の選手にボールを)預けて、守備になった時にしっかり体力を使えるように」

【千葉vs群馬】試合後の選手コメント:為田大貴選手「毎年、こういう状況が続いているというのが現状だと思うので、どこかで早めに打開しないといけない」

米倉恒貴選手「チームとしてこれは絶対に揺るがないという安定したところを毎試合出していければ」

【山形vs千葉】レポート:粘り強く守った結果の無失点は好材料だが、脅威となる攻撃が少なくスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)