ジェフ便り

【東京Vvs千葉】レポート:複数の追加点のチャンスで決めきれず、相手の変化を受けたミス絡みの失点で引き分け

為田大貴選手「起用してもらってタイミングよく前に出て行くシーンも増えている。引き続き自分にしかできないことをやっていければなと思います」

2019年05月24日 11:17 by akanuma_keiko

【写真】大分に在籍していた時に経験していたというウイングバックで今、起用されていることについて、為田大貴は「起用してもらってタイミングよく前に出て行くシーンも増えているので、引き続き自分にしかできないことをやっていければなと思います」と話した。

●為田大貴選手:
Q:前節(第14節・岐阜戦)の先制点はCKからでしたが、そのCKを取ったのは為田選手の積極的な攻め上がりが出たからというところがあったと思います。やはり前にどれだけ上がれるかがポイントの試合で、為田選手の手応えはどうでしたか。
「まあ、単純に自分たちがボールを持つ時間を増やすというのを試合前に言っていましたし、もう本当にミスをしてもいいから、ゴールキックから自分たちで(パスを)つないで自分たちの時間帯を増やそうと言っていたので。単純にそれができたので、まあ、単純に僕とチャジくん(茶島雄介)が(前に)上がる回数を増やすことができたっていうことがありますし、どれだけいい形でボールを持てるかというところが、やっぱり僕とチャジくんが上がる回数が増えるかどうかにつながると思います。タカさん(船山貴之)だったり、ホリくん(堀米勇輝)がうまい形で(熊谷)アンドリューたちからボールを引き出す機会が多かったというのが、攻撃回数が増えた要因かなと思うんです」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

為田大貴選手「使ってもらえての200試合だと思うので、そこはまず使ってもらえていたことに感謝したい」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

鳥海晃司選手「攻撃の時はミスなくシンプルに(味方の選手にボールを)預けて、守備になった時にしっかり体力を使えるように」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

米倉恒貴選手「チームとしてこれは絶対に揺るがないという安定したところを毎試合出していければ」

【山形vs千葉】レポート:粘り強く守った結果の無失点は好材料だが、脅威となる攻撃が少なくスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)