ジェフ便り

【東京Vvs千葉】レポート:複数の追加点のチャンスで決めきれず、相手の変化を受けたミス絡みの失点で引き分け

江尻篤彦監督「少しでもチームが本当に上向きで、ここからだとなっていけるように、やっぱり東京V戦は重要になる」

2019年05月22日 16:44 by akanuma_keiko

【写真】ゴールを4つ置いた攻守のトレーニングで、選手に身振り手振りを交えて指示を出す江尻篤彦監督。

●江尻篤彦監督:

Q:J2リーグも早いもので3分の1を消化して、前節終了時点で4勝4分5敗で15位なのですが、そのあたりのことについてはどうでしょうか。
「我々ジェフにとっては、この順位と(勝点の)ポイント数というのは、得失点差(16得点、20失点で-4)も含めて、決していい成績ではないと思うので、少しでも(順位を)上に上げられるようにやるしかないなというところですね」

Q:前節(第14節・岐阜戦)は試合後に「最後の1失点は余計だ」とおっしゃっていましたが、いい形で攻撃の良い面が出て、課題として残されたのは攻撃と守備との兼ね合いというかバランスのところだなと思うのですが、そのあたりについてはいかがですか。
「うーん、そうですねえ。まあ、試合をやれば、いいところと悪いところが必ず出てきますので、まあ、試合をしなければ何もないんですけど(苦笑)。やっぱり前回(岐阜戦)、形はいい形も増えているけども、課題もやっぱり多いゲームだったかなというふうに、(試合の映像を)見返してみて思うので、しっかりそれは修正しなきゃいけないなと。攻撃もそうですし、守備も両方ですね。それは次の東京V戦にもすごく重要なポイントになってくると思って、しっかりやっていきたいのと、たまたまこの間は、たまたまという表現かいいかどうかわからないですけど、こちらにいい流れが来ていただけであって、決して確信にまではなっていないのでね。少しでもチームが本当に上向きで、ここからだというような形になっていけるように、やっぱり重要な東京V戦になるのではないかなというふうに思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「我々がやろうとしているサッカー、1か月間やってきたんですけど、それをいかに表現できるのかというところが試合の(勝敗の)分かれ目だと思っています」

【千葉vs柏】レポート:序盤の2失点でゲームプランが崩れ、攻守両面で以前からの課題が出てしまった一戦

【ちばぎんカップ直前レポート】攻守で的確なコーチングを行ない、ポジショニングと連係を意識してプレーする

【千葉vs柏】レポート:序盤の2失点でゲームプランが崩れ、攻守両面で以前からの課題が出てしまった一戦

【無料掲載】2/6練習の様子(写真6枚)

【千葉vs柏】レポート:序盤の2失点でゲームプランが崩れ、攻守両面で以前からの課題が出てしまった一戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)