ジェフ便り

【山形vs千葉】レポート:縦パスやドリブル突破などチャレンジを欠いた攻撃と体を張りきれない守備で逆転負け

【山形vs千葉】プレビュー:セットプレーやカウンター攻撃のチャンスを簡単に与えない攻守がポイントの一戦

2019年05月11日 19:01 by akanuma_keiko

J2優勝争いを演じる位置にいる甲府と対戦した前節(第12節)の千葉は、特に後半に入ると甲府に多くの決定機を作られたものの失点を1点で抑え、2-1と勝ちきって第7節・琉球戦以来の勝利を獲得した。その前までの試合よりは、少しだけ引き気味にしてブロックを作る守備ではなく、より前でボールを奪いに行く守備をしたが、甲府の決定機の数を考えれば、うまくいったとは言い難かった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

佐藤勇人選手「千葉県民として今日は本当にパワーをもらいました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

クレーベ選手「今日はゴールを決めたらタカのところに行こうかなと思っていたんです」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)