ジェフ便り

【横浜FCvs千葉】レポート:システム変更で得点力向上を狙う中で先制するも後半の試合運びでミスが出て逆転負け

【横浜FCvs千葉】レポート:システム変更で得点力向上を狙う中で先制するも後半の試合運びでミスが出て逆転負け

2019年04月22日 17:02 by akanuma_keiko

江尻篤彦監督が就任してからの5試合は2勝2分1敗、総得点は3、総失点は2ということで、前体制からの課題だった失点減少には手応えを得てきた一方で、得点力アップという課題が浮き彫りになっていた千葉。今節はその課題をクリアするため、1トップ&2シャドーだった前線を2トップ&トップ下に形を変えて臨んだ。だが、先制点を奪ったものの、その新しい形の長所を完全には生かしきれず、後半開始から切り札の1人であるイバの出場とともにシステムを変更した横浜FCに苦戦。個と連係のミスも重なって、江尻体制では初の1試合での複数失点を喫し、1-3の逆転負けとなった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

佐藤勇人選手「千葉県民として今日は本当にパワーをもらいました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

クレーベ選手「今日はゴールを決めたらタカのところに行こうかなと思っていたんです」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)