ジェフ便り

【千葉vs岡山】レポート:終盤の猛攻にも耐えて粘り強く守るが、攻撃は個と連係のミスが多くスコアレスドロー

乾貴哉選手「後半の早い段階で足が攣ってしまって、チームに申し訳ない気持ちでいっぱいです」

2019年04月14日 19:16 by akanuma_keiko

●乾貴哉選手:

Q:今季初スタメンでしたが、自分のプレーを振り返ってみて、率直にどうでしたか。
「そうですね。まあ、自分の良さはけっこう出せたかなと思う試合でした。後半の早い段階で足が攣ってしまって、チームに申し訳ない気持ちでいっぱいです」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs岡山】レポート:終盤の猛攻にも耐えて粘り強く守るが、攻撃は個と連係のミスが多くスコアレスドロー

【千葉vs岡山】レポート:終盤の猛攻にも耐えて粘り強く守るが、攻撃は個と連係のミスが多くスコアレスドロー

佐藤寿人選手「もっと相手が嫌がることを、その場面、その場面でもっと考えて動いて行く必要がある」

【千葉vs岡山】レポート:終盤の猛攻にも耐えて粘り強く守るが、攻撃は個と連係のミスが多くスコアレスドロー

茶島雄介選手「失点をゼロに抑えられたことはよかったと思いますけど、ホームなので勝ちたかった」

【千葉vs岡山】レポート:終盤の猛攻にも耐えて粘り強く守るが、攻撃は個と連係のミスが多くスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)