ジェフ便り

【千葉vs岡山】レポート:終盤の猛攻にも耐えて粘り強く守るが、攻撃は個と連係のミスが多くスコアレスドロー

【千葉vs岡山】プレビュー:厳しいプレスをかわす動きとパスワーク、自陣に引きすぎない守備で勝ちきりたい

2019年04月14日 08:07 by akanuma_keiko

前節(第8節)で金沢と対戦した千葉は、特にラストパスなどフィニッシュにつながる場面でのミスが多く、攻撃は機能したとは言い難かった。ただし、第6節・福岡戦からの3連戦で千葉は3試合連続スタメンだった選手が多かったのに対して、金沢は第7節・鹿児島戦にJ2リーグ戦での出場時間が多い選手を起用して主力選手のほとんどを休ませていた。それだけが勝敗を分けた理由ではないにしても、やはり両チームにはコンディションの違いがあり、千葉は金沢のプレスをうまくかいくぐれなかったように見えた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

船山貴之選手「もっと食える(ボールを奪える)場面もあったし、もっと狙いを持ってやれば、もっといい形でボールを取れたと思います」

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

熊谷アンドリュー選手「最後に(佐藤)勇人さんと一緒にやれたというのは、自分にとっては本当にお世話になった人ですし、嬉しかったです」

【千葉vs東京V】レポート:前から行く形とブロックの守備の使い分けで無失点も決定力を欠いてスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)