ジェフ便り

【千葉vs岡山】レポート:終盤の猛攻にも耐えて粘り強く守るが、攻撃は個と連係のミスが多くスコアレスドロー

【千葉vs岡山】プレビュー:厳しいプレスをかわす動きとパスワーク、自陣に引きすぎない守備で勝ちきりたい

2019年04月14日 08:07 by akanuma_keiko

前節(第8節)で金沢と対戦した千葉は、特にラストパスなどフィニッシュにつながる場面でのミスが多く、攻撃は機能したとは言い難かった。ただし、第6節・福岡戦からの3連戦で千葉は3試合連続スタメンだった選手が多かったのに対して、金沢は第7節・鹿児島戦にJ2リーグ戦での出場時間が多い選手を起用して主力選手のほとんどを休ませていた。それだけが勝敗を分けた理由ではないにしても、やはり両チームにはコンディションの違いがあり、千葉は金沢のプレスをうまくかいくぐれなかったように見えた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs甲府】レポート:意識付けされたことが実践できず、判断やプレーのミスでの連続失点で4連敗

【千葉vs甲府】レポート:意識付けされたことが実践できず、判断やプレーのミスでの連続失点で4連敗

堀米勇輝選手「こういうタイミングで使ってくれたのに結果を出せなかったのはすごく申し訳ない。でも、自分は逃げずに千葉がよくなるために必死になってやっていきたい」

【千葉vs甲府】レポート:意識付けされたことが実践できず、判断やプレーのミスでの連続失点で4連敗

茶島雄介選手「負けていて攻めなきゃいけない状況の時に、あれだけカウンター攻撃を食らっているということは、ボールの取られ方が悪いというのもありますし、攻めている時にやっぱりバランスが悪いのかなと思います」

【千葉vs甲府】レポート:意識付けされたことが実践できず、判断やプレーのミスでの連続失点で4連敗

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)