ジェフ便り

【千葉vs岡山】レポート:終盤の猛攻にも耐えて粘り強く守るが、攻撃は個と連係のミスが多くスコアレスドロー

江尻篤彦監督「勝点3をあげるためにやっぱり努力を惜しまず、相手よりも走るっていうことが大きなテーマになる」

2019年04月12日 18:59 by akanuma_keiko

【写真】紅白戦形式の戦術練習で笛を吹いてプレーを再開させたあと、選手の動きを見て指示の声をかける江尻篤彦監督。

●江尻篤彦監督:

Q:前節(第8節)の金沢戦の試合後、記者会見の中で「できたことと、できなかったことが明確になった」とおっしゃっていました。お話しできる範囲で、そのできたこととできなかったことを教えてください。
「戦うことです」

Q:それができたことですか。
「いや、できなかったことです。もう、そこは、やらせられなかった僕に責任があります。なので、そこのところはこの1週間、準備してきたつもりでやっています」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

山下敬大選手「やっぱり勝利につながるゴールを取りたいです」

【町田戦直前レポート】山下敬大選手「やっぱり勝利につながるゴールを取りたいです」

為田大貴選手「使ってもらえての200試合だと思うので、そこはまず使ってもらえていたことに感謝したい」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

鳥海晃司選手「攻撃の時はミスなくシンプルに(味方の選手にボールを)預けて、守備になった時にしっかり体力を使えるように」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)