ジェフ便り

【千葉vs岡山】レポート:終盤の猛攻にも耐えて粘り強く守るが、攻撃は個と連係のミスが多くスコアレスドロー

江尻篤彦監督「勝点3をあげるためにやっぱり努力を惜しまず、相手よりも走るっていうことが大きなテーマになる」

2019年04月12日 18:59 by akanuma_keiko

【写真】紅白戦形式の戦術練習で笛を吹いてプレーを再開させたあと、選手の動きを見て指示の声をかける江尻篤彦監督。

●江尻篤彦監督:

Q:前節(第8節)の金沢戦の試合後、記者会見の中で「できたことと、できなかったことが明確になった」とおっしゃっていました。お話しできる範囲で、そのできたこととできなかったことを教えてください。
「戦うことです」

Q:それができたことですか。
「いや、できなかったことです。もう、そこは、やらせられなかった僕に責任があります。なので、そこのところはこの1週間、準備してきたつもりでやっています」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

小島秀仁選手「今は内容にこだわっている場合じゃない。勝ち癖をつけないといけないし、1つ勝たないと流れも来ない」

【千葉vs甲府】レポート:意識付けされたことが実践できず、判断やプレーのミスでの連続失点で4連敗

見木友哉選手「自分が出た試合は2分2敗で勝っていない。自分が出て活躍した試合で勝って喜びたい」

【千葉vs甲府】レポート:意識付けされたことが実践できず、判断やプレーのミスでの連続失点で4連敗

【甲府戦直前レポート】攻守で球際の勝負をしっかり制し、縦パスと裏を取る動きを生かして得点を狙う

【千葉vs甲府】レポート:意識付けされたことが実践できず、判断やプレーのミスでの連続失点で4連敗

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)