ジェフ便り

【福岡vs千葉】レポート:負傷者続出の状況下でチーム一丸となって戦い、茶島の直接FKのゴールで今季初勝利

下平匠「奪ったあとのボールがクリアするだけになったところもあったので、そういうところでもう少し(パスを)つなげられれば」

2019年03月29日 22:33 by akanuma_keiko

前節(第5節・京都戦)は3バックの採用によって左ウイングバックでプレーした下平匠は「奪ったあとのボールがクリアするだけになったところもあったので、そういうところでもう少し(パスを)つなげられれば」とチームとしての攻撃の改善点を語った。

●下平匠選手:
Q:前節(第5節・京都戦)から3バックになって、下平選手は左ウイングバックでプレーされましたが、やってみて率直に手応えとしてはどうでしたか。
「うーん、まあ、4枚でやる時と多少役割も違いますし、そういうところで慣れない部分もありましたけど、うん、まあ、やっていくしかないし、監督が求めていることに応えられるように、自分たちでしっかり頑張っていくだけです」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

尹晶煥監督「全選手が前節の試合と同様に一致団結した試合を見せられるように準備をしています」

【千葉vs松本】プレビュー:状況を見ての臨機応変な守備と距離感の良い攻撃を継続し、今季初の連勝で上位を狙う

ゲリア選手「松本にボールを多少持たれることは想定しているので、そういうところを含めてゲームをコントロールしたい」

【千葉vs松本】プレビュー:状況を見ての臨機応変な守備と距離感の良い攻撃を継続し、今季初の連勝で上位を狙う

新井一耀選手「良かったところが続いていかなかったりするのが、正直、今の現状だと思うので、そこを変えていかなきゃいけない」

【千葉vs松本】プレビュー:状況を見ての臨機応変な守備と距離感の良い攻撃を継続し、今季初の連勝で上位を狙う

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)