ジェフ便り

【千葉vs京都】レポート:3バック採用で守備は大崩れせずに済むも、攻撃はこれからの部分が多い中で引き分ける

【千葉vs京都】レポート:3バック採用で守備は大崩れせずに済むも、攻撃はこれからの部分が多い中で引き分ける

2019年03月25日 18:14 by akanuma_keiko

京都戦が行なわれる前日の3月23日、新潟と対戦した福岡は新潟に1-0で勝ち、その時点で今季のJ2リーグのチームで未勝利は千葉だけとなり、順位は再び最下位となった。最下位脱出のためにも、江尻篤彦新監督の初戦となる今節で今季初勝利をあげたかった千葉だが、前半と後半にそれぞれ負傷者が出て交代カードを切らざるを得なかった。そういった不運な部分もあった中で、千葉は新井一耀の移籍後初ゴールで追いついて引き分け、勝点1を得た。同点ゴール後は千葉にさらに勢いが出て、逆転まで行けるかという流れになっただけに、引き分けに終わったのは悔やまれる。だが、準備期間が非常に短い中で、システム変更も含めて攻守で江尻監督がやりたいことは見えたし、改善傾向にあることが確かに感じられた一戦だった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

佐藤勇人選手「千葉県民として今日は本当にパワーをもらいました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

クレーベ選手「今日はゴールを決めたらタカのところに行こうかなと思っていたんです」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)