ジェフ便り

【千葉vs京都】レポート:3バック採用で守備は大崩れせずに済むも、攻撃はこれからの部分が多い中で引き分ける

増嶋竜也選手「優先順位をしっかり明確にしたことによって、全体の意識として(縦パスを中に入れることが)少しずつ出てきている」

2019年03月24日 19:52 by akanuma_keiko

●増嶋竜也選手:

Q:今日は(プレッシャーをかけに)前から行くところと行かないところの使い分け、そして増嶋選手を見ていたら(ボールを持った時の)ファーストチョイスがサイドではなくて縦パスということが何回もありました。監督交代でどういうふうに意識されてプレーを進めたかということを教えてください。
「まあ、こうやって右から左へと横に(ボールを)回すんじゃなくて、やっぱり1回クサビがある時はクサビのパスを入れたり、そういう部分を意識して優先順位をしっかり明確にしたことによって、相手もやっぱり中を締めてきてやっと外が空くというところで、ちょっとずつ共通理解という部分では少しずつですけど、まだ攻撃の部分はね、全然ですけど、全体の意識としてはそういうのが少しずつ出てきているので。何度かクサビ(のパス)が入ったりしていたし、ああいうのをどんどんどんどん増やしていきたいなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

佐藤勇人選手「千葉県民として今日は本当にパワーをもらいました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

クレーベ選手「今日はゴールを決めたらタカのところに行こうかなと思っていたんです」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)