ジェフ便り

【千葉vs京都】レポート:3バック採用で守備は大崩れせずに済むも、攻撃はこれからの部分が多い中で引き分ける

【千葉vs京都】プレビュー:仕切り直しの江尻体制初戦で最後まであきらめずに粘り強く戦い、今季初勝利を目指す

2019年03月23日 17:40 by akanuma_keiko

フアン エスナイデル前監督に3シーズン目の指揮を任せた千葉のフロントだったが、3月17日のJ2リーグ第4節・水戸戦が試合終了間際の失点で1-1の引き分けに終わり、第4節終了時の戦績が2分2敗となると、その日の21時に監督解任を発表した。その翌日の3月18日に就任が発表された江尻篤彦監督は、オフ明けの3月19日からトレーニングで選手を指導。その19日には堀孝史ヘッドコーチの就任が発表された。19日は水戸戦のスタメンの選手などはリカバリーのメニューだったため、20日から23日のわずか4日間の全体トレーニングで、江尻監督は監督としての初戦となる今節の京都戦に臨む。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

佐藤勇人選手「千葉県民として今日は本当にパワーをもらいました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

クレーベ選手「今日はゴールを決めたらタカのところに行こうかなと思っていたんです」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)