ジェフ便り

【千葉vs京都】レポート:3バック採用で守備は大崩れせずに済むも、攻撃はこれからの部分が多い中で引き分ける

【京都戦直前コメント】江尻篤彦監督「選手には顔を上げて元気よくやってもらいたい」

2019年03月22日 10:40 by akanuma_keiko

3月19日の全体トレーニングで、クールダウンのストレッチを行なっている選手の様子を笑顔で見ている江尻篤彦監督。

●江尻篤彦監督

Q:今週、改めて監督としてトレーニングで指揮を執ってみて、監督ご自身の手応えなど、そのあたりについてどのように感じているのか、教えていただけますか。
「はい。まあ、うーん、決していい状態で来ている中で(監督の)バトンタッチを受けたわけではないので、まあ、いろいろな問題があるんですけども、(問題を)挙げればたくさんあるので。あれもこれもというよりは、1つ、2つっていう改善のところをちょっと今週手がけて、なおかつ相手が京都ということで試合をするので、それも含めて考えて準備はしているつもりではいます。手応えは、まあまあ、まあ、こんな感じかなと(笑)。はい」

Q:堀孝史ヘッドコーチが加わりましたが、昔からの知り合いということで、頼もしい存在がチームに加わったのではないかと思います。
「はい。(明治)大学の同期で、僕が明治のサッカー部のキャプテンで、彼が副キャプテンで、その時もサポートしてもらったので。そういう中で、何よりも、僕よりも、浦和レッズの監督(2011年、2017年~2018年)でACLも戦って(2017年に)チャンピオンになっている監督さんですからね。僕よりもすごく経験を持っているので、彼の経験を僕も生かしてやれているので、今のところすごくいい感じでやれているし、まあ、彼だけじゃなくて菅原大介コーチもそうだし、櫛野(亮)GKコーチもそうですしね。関村(宣昭)フィジカルコーチもそうですし、みんなが、それ以外の人もみんなが本当にサポートしてくれているので、心強いですね、はい」

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【横浜FC戦直前レポート】江尻篤彦監督「岡山でできたことは継続して、ピッチに送り込みたいなと思います」

【横浜FC戦直前レポート】江尻篤彦監督「岡山でできたことは継続して、ピッチに送り込みたいなと思います」

【岡山戦直前レポート】素早い攻守の切り替えと的確な状況判断を意識して、攻守で相手を上回る動きをする

【千葉vs岡山】レポート:終盤の猛攻にも耐えて粘り強く守るが、攻撃は個と連係のミスが多くスコアレスドロー

佐藤寿人選手「ボールを奪いに行くことはもちろん大事ですけど、全体的な守備の力の使いどころを前の選手と後ろの選手で擦り合わせた」

【千葉vs岡山】レポート:終盤の猛攻にも耐えて粘り強く守るが、攻撃は個と連係のミスが多くスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)