ジェフ便り

【水戸vs千葉】レポート:連動性の高い攻撃で先制点奪取も追加点が取れず、試合終了間際の失点で引き分け

船山貴之選手「もっとお互いが擦り合わせることを意識しないといけない」

2019年03月16日 20:58 by akanuma_keiko

【写真】前節(第3節・山口戦)で今季の初ゴールをマークした船山貴之は「(堀米勇輝の退場処分で)相手よりも1人少ない中で、第1節、第2節よりはいい試合をしたのかなと思う」と評価し、「引きずっていてもしょうがない」と前向きに話していた。

●船山貴之選手:
Q:前節(第3節・山口戦)の試合のあとにお話を聞けなかったので、船山選手の今季のJ初ゴールのお話からお聞きしたいのですが、あの試合展開の中で流れを変えられそうなゴールだったと思うのですが、振り返ってみて率直にどうですか。
「いやあー、そこの得点に関しては別に、何とも思ってないすね(苦笑)」

Q:例えば、あの得点の形は、小島秀仁選手のシュート性のパスというよりはシュートだと思うのですが、それに対して船山選手は相手のDFの前に体を入れて足を出して決めた形でした。あれはその瞬間にとっさに体が動いたという感じだったのですか。
「まあ、そうですね」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

髙橋壱晟選手「僕らがしっかり我慢した展開ができれば、カウンター攻撃やセットプレーで1点取れるんじゃないかなと思っています」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

新井章太選手「サポーターの皆さんの前でしっかり勝ちきるという姿を続けて見せていきたい」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

尹晶煥監督「今回、メンバーをどういうふうに組むのか、すごく悩んでいまして、今まで頑張ってきた他の選手にチャンスを与えるのも1つの方法だと思います」

【天皇杯2回戦:千葉vs大宮】レポート:攻守でプレーの精度不足と連係のミスが目立つも、セットプレーの好機を生かして勝つ

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)