ジェフ便り

【水戸vs千葉】レポート:連動性の高い攻撃で先制点奪取も追加点が取れず、試合終了間際の失点で引き分け

【水戸戦直前レポート】フアン エスナイデル監督「(水戸は)自信を持ってやってくるでしょうし、我々も彼らと同じ、もしくはそれ以上の自信を持って臨まないといけない」

2019年03月15日 17:22 by akanuma_keiko

【写真】ハーフコートでのミニゲームのトレーニングの様子を見て声をかけているフアン エスナイデル監督。

●フアン エスナイデル監督:
Q:今週は切り替えとか下を向かないということが特に大事だと思うのですが、監督は選手に特にどのような言葉を投げかけたり、どのようなことを意識させたりして、練習に向かわせたのですか。

「もちろん言えないところもあるのですが、試合後に記者会見でお話しさせていただいたことはほとんど選手に言った内容に近いです。チームは勇気を持って臨めたと思うし、(試合の)最初の15分、20分は緊張してプレッシャーがかかっていたような気がしましたが、それ以降の試合の取り組み、プレー自体もよかったと思います。それ以降の時間帯でも逆転できるようなシチュエーションも感覚もありました。実際に、その試合中のサポーターの方々の反応とかを見ても、チームがよかったという反応がありました。もちろん勝てなかったことに対しての不満はあると思います。もちろんサポーター(の気持ち)もわかります。見ていた方もたぶんプレー自体への不満ではなく、結果に対してたぶん失望というところがあるのかもしれません。それで、選手にも同じようなことを話しました。あの試合の取り組みでやれれば、日曜日(3月17日・第4節水戸戦)は勝てる可能性が高いと(思います)」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

髙橋壱晟選手「僕らがしっかり我慢した展開ができれば、カウンター攻撃やセットプレーで1点取れるんじゃないかなと思っています」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

新井章太選手「サポーターの皆さんの前でしっかり勝ちきるという姿を続けて見せていきたい」

【千葉vs東京V】レポート:技術と対千葉戦術が優れた相手に先制され、反撃を仕掛けるも無得点で課題が残る敗戦

尹晶煥監督「今回、メンバーをどういうふうに組むのか、すごく悩んでいまして、今まで頑張ってきた他の選手にチャンスを与えるのも1つの方法だと思います」

【天皇杯2回戦:千葉vs大宮】レポート:攻守でプレーの精度不足と連係のミスが目立つも、セットプレーの好機を生かして勝つ

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)