ジェフ便り

【千葉vs新潟】レポート:攻撃力を高めたいシステム変更は機能しきれず、個と連係のミスから4失点で敗戦

【千葉vs新潟】レポート:攻撃力を高めたいシステム変更は機能しきれず、個と連係のミスから4失点で敗戦

2019年03月04日 16:46 by akanuma_keiko

千葉にとって1-4というスコアはもちろん、攻守両面の内容で非常に厳しいホーム開幕戦となった。千葉がボールを保持して動かしているようでいて、それは新潟にボールを持たされていた時間帯もあり、今節はセットプレーで今季のJ2リーグ初得点が生まれたとはいえ、結局、流れの中から得点することはできなかった。また、守備面は前からのプレスがうまくかからず、1点差としたあとの89分の痛恨の『3失点目』の場面は、オフサイドを取りにいって取れずに、新潟にGKとの1対1の決定機をモノにされた。結局、昨季のJ2リーグ終盤には3試合連続無失点があったものの、シーズンを通して解消できず、今季こそと改善に取り組んできた攻守の課題が今節で改めて露呈したといえる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

佐藤勇人選手「千葉県民として今日は本当にパワーをもらいました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

クレーベ選手「今日はゴールを決めたらタカのところに行こうかなと思っていたんです」

【千葉vs水戸】レポート:攻守に課題は残ってはいるものの、アグレッシブなプレーで今季初の逆転勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)