ジェフ便り

【千葉vs新潟】レポート:攻撃力を高めたいシステム変更は機能しきれず、個と連係のミスから4失点で敗戦

【千葉vs新潟】プレビュー:チームが波に乗るための『1点』となる先制点奪取と粘り強い守備で今季初勝利を狙う

2019年03月03日 09:34 by akanuma_keiko

2019年のJ2リーグ開幕戦は、特に後半には愛媛に主導権を握られる中でスコアレスドローに終わり、勝点1を持ち帰った千葉。その試合で負傷交代した矢田旭と茶島雄介は、今節の欠場が確定的で少なからぬ痛手となる。だが、リーグ戦で優勝を争うチーム、そしてJ1昇格を達成するチームは、主力選手に負傷者が出たとしても、その苦境を乗り越えて勝利という結果を出していくものだ。そういう意味で、今節の千葉はチームの底力ともいうべき総合力を発揮することができるか、問われる一戦といえる。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

岡野洵選手「行く時と行かない時の使い分けをもっと明確にしていかないと」

【千葉vs東京V】鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

【千葉vs東京V】鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

【千葉vs東京V】プレビュー:連勝で勢いのある相手のサイド攻撃に対応し、相手にとって嫌なところを突いて攻めたい

【千葉vs東京V】鈴木大輔選手「自分たちがブロックを作って、(ボールを)取ったあとに自分たちの時間帯は前半から何度か作れていたので。その時間を長くするということがまずは一番大事かなと思います」

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)