ジェフ便り

【愛媛vs千葉】レポート:愛媛に押される展開で無失点でも、昨季の攻守の問題点が残るスコアレスドロー。

【無料掲載】2/22練習の様子(8枚)

2019年02月23日 19:49 by akanuma_keiko

アジリティの要素のあるボールを使ったトレーニングで、相手選手と競り合いながらシュートを打つメニューをやっていた佐藤寿人は、熊谷アンドリューとの競り合いを制してシュートを打っていた。

8チーム対抗のフットバレーで、新井一耀のヘディングでのスパイクを対戦相手の古川大悟もチームメイトのアラン ピニェイロも笑顔で見ていた。

連続でヘディングするジェスチャーのフェイントをして相手チームの選手をかく乱しようとしていたクレーベ。

矢田旭の必死のプレーを見ているチームメイトの佐藤勇人も対戦相手の鈴木椋大も思わず笑っていた。

お互いのチームの得点数か勝利数を確認し合ったあと、肩を並べて歩いていた熊谷アンドリューとゲリア。

櫛野亮GKコーチが見守る中で華麗な足技を見せていた新井一耀。

豪快なオーバーヘッドシュートを何度も見せていた船山貴之。

誰よりも声を出してフットバレーの試合を盛り上げていた増嶋竜也だが、終盤はお疲れなのかヘディングでのスパイクがアウトになることが多く、ゲリアにも慰められていた。

関連記事

【横浜FC戦直前レポート】江尻篤彦監督「岡山でできたことは継続して、ピッチに送り込みたいなと思います」

【横浜FC戦直前レポート】江尻篤彦監督「岡山でできたことは継続して、ピッチに送り込みたいなと思います」

【岡山戦直前レポート】素早い攻守の切り替えと的確な状況判断を意識して、攻守で相手を上回る動きをする

【千葉vs岡山】レポート:終盤の猛攻にも耐えて粘り強く守るが、攻撃は個と連係のミスが多くスコアレスドロー

佐藤寿人選手「ボールを奪いに行くことはもちろん大事ですけど、全体的な守備の力の使いどころを前の選手と後ろの選手で擦り合わせた」

【千葉vs岡山】レポート:終盤の猛攻にも耐えて粘り強く守るが、攻撃は個と連係のミスが多くスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)