ジェフ便り

【選手からの便り】ラリベイ:チームメイトとサポーター、そして家族を愛して体を張り続けたストライカー

【選手からの便り】ラリベイ:チームメイトとサポーター、そして家族を愛して体を張り続けたストライカー

2018年12月21日 20:12 by akanuma_keiko

2018年12月4日、クラブからラリベイの契約満了のリリースが出された。負傷の影響もあってコンディションやプレーのキレが今一つという試合もなかったわけではないが、シーズンの終盤はスタメン出場が減る中、ピッチに立てば持ち味を発揮してきた選手だった。また、人柄も素晴らしく、チームメイト思いであるのはもちろん、記者にもとても丁寧に対応してくれたことが印象深い。

ラリベイはJ2リーグ戦で71試合に出場して30ゴールを奪った。彼のゴールで印象深いものはいくつもある。だが、その中でも彼のゴールへの執念、そして勝利への執念が凝縮されていたと感じるのは、彼のジェフでの最後のゴールとなった2018年J2第38節・大分戦でのゴールだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

堀米勇輝選手「ああいう時間帯であのプレーが必要だったかっていうことに関しては、自分の中でもう一回ちゃんと整理して、今後にしっかりつなげていかなきゃいけない」

【千葉vs京都】レポート:3バック採用で守備は大崩れせずに済むも、攻撃はこれからの部分が多い中で引き分ける

鈴木椋大選手「自分たちをもう一回見つめ直して、やるべきことをはっきりして、意思疎通をしっかりしたい」

【千葉vs京都】レポート:3バック採用で守備は大崩れせずに済むも、攻撃はこれからの部分が多い中で引き分ける

船山貴之選手「しっかりハードワークして、闘う姿勢っていうのを見せたい」

【千葉vs京都】レポート:3バック採用で守備は大崩れせずに済むも、攻撃はこれからの部分が多い中で引き分ける

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)