ジェフ便り

【熊本vs千葉】レポート:攻守で課題は残るもののシステム変更と船山の同点ゴールで流れを変えて逆転勝利

【熊本vs千葉】レポート:攻守で課題は残るもののシステム変更と船山の同点ゴールで流れを変えて逆転勝利

2018年10月08日 17:41 by akanuma_keiko

千葉にとって4試合ぶりの勝利となった熊本戦は、奇しくも前回対戦(第16節)と同じスコア、同じ試合展開となった。前回対戦では特に序盤の守備が機能していなかったが、今節はボールを保持しながらも熊本の守備を崩すための効果的な攻撃ができていなかった。だが、40分過ぎのシステム変更が奏功し、前回対戦では34分の増嶋竜也の同点ゴールが流れを変えたように、今節は45分の船山貴之の同点ゴールがもたらした効果が大きかった。試合運びの細部には課題を残したものの3-1の逆転勝利を収め、今節終了時点の暫定順位で6位の東京V、7位の横浜FCとの勝点差は15として、J1参入プレーオフ進出へのわずかな望みをつないだ。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs山形】レポート:決定力不足の課題は残ったものの、スコア以上に攻守の内容で山形を圧倒した勝利

【千葉vs山形】レポート:決定力不足の課題は残ったものの、スコア以上に攻守の内容で山形を圧倒した勝利

下平匠選手「近い距離に人がいるからすぐにボールを奪い返せたり、ミスしたあとのリアクションもよかった」

【千葉vs山形】レポート:決定力不足の課題は残ったものの、スコア以上に攻守の内容で山形を圧倒した勝利

近藤直也選手「3点、4点取れるチャンスがあったので、そこのところの勝負強さはもうちょっとつけられれば」

【千葉vs山形】レポート:決定力不足の課題は残ったものの、スコア以上に攻守の内容で山形を圧倒した勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)