ジェフ便り

【熊本vs千葉】レポート:攻守で課題は残るもののシステム変更と船山の同点ゴールで流れを変えて逆転勝利

フアン エスナイデル監督試合前コメント「(熊本戦は)ここ最近の試合展開と同じようになるのではと予想している。我々がボールを持ち、結果は我々の手にかかっているということです」

2018年10月05日 20:48 by akanuma_keiko

※写真:9/27撮影

●フアン エスナイデル監督:
Q: 前節(第35節)の愛媛戦の試合後の記者会見で、監督は「勝つための気迫や覚悟が足りなかった試合」と話しました。そのあたりのことについて、監督は選手たちに何か伝えたのでしょうか。
「いつも選手たちとは会話をしているので、そのことについても話はしました。記者会見で言ったこともしっかりと選手には伝えています。私の意見を選手はすべて知っています。『(愛媛戦が)よくなかった』ということも、選手たちには話しました。

Q:愛媛戦では清武功暉選手、工藤浩平選手が8月以来の出場となりました。どのようなところを評価して、どのような狙いを持って送り出したのでしょうか。
「先週1週間のトレーニングの内容がよかったので、彼らを(試合のメンバーに)選出しようと思いました。清武選手を起用する時は『ゴールをしてほしい』と(いう時)。工藤選手に関しては『中での連動と、あとは主にラストパスが欲しい』という時です。そういう意味で2人ともよかったと思います。もちろん最後の決定力のところで少し足りないところはありましたが、かなりよかったです。私が要求したことはほとんどやってくれました。全部やってくれていたら、勝てていたかもしれませんが…。でも、ピッチに入った選手はよかったと思います」

 Q:ここ2試合(愛媛戦と第34節・横浜FC戦)は複数失点をしていないことと、一方で2試合連続でゴールが取れていないことを、それぞれどのように捉えていますか。
「2試合ともタイプが違う相手でした。相手というよりも我々のところでそういう結果になったということです。我々は安定感を出していました。足りなかったのは最後の精度。チームの総括としては悪くありませんでした。この2試合の前にやった試合とも同じような、いつものやり方でできていたと私は思います。でも直近の2試合は結果がついてこなかったということです。まあ、それが一番大事なところではあるのですが」
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【柏vs千葉】レポート:球際の勝負での個の力も連係という組織の力も柏に負け、攻守でいいところなく完敗

【柏vs千葉】レポート:球際の勝負での個の力も連係という組織の力も柏に負け、攻守でいいところなく完敗

【柏vs千葉】プレビュー:激戦必至の千葉ダービーに勝つには、攻守の献身性と球際での強さが必要不可欠

【柏vs千葉】レポート:球際の勝負での個の力も連係という組織の力も柏に負け、攻守でいいところなく完敗

【千葉vs鹿児島】レポート:シュート決定力、マークやポジショニングのミスなど課題は残るも2-1で勝ちきる

【千葉vs鹿児島】レポート:シュート決定力、マークやポジショニングのミスなど課題は残るも2-1で勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)