ジェフ便り

【熊本vs千葉】レポート:攻守で課題は残るもののシステム変更と船山の同点ゴールで流れを変えて逆転勝利

【熊本vs千葉】プレビュー:J2最多クラスの失点数のチーム同士の対戦で、守りを固めてくる熊本に攻め勝ちたい

2018年10月06日 17:35 by akanuma_keiko

愛媛と対戦した前節(第35節)の千葉は、ボールを保持する時間は長かったものの、タイミングよくスペースを突くような攻撃ができなかった。12本打ったシュートは愛媛の守護神の岡本昌弘を脅かすほどの威力もなく、決定機といえるシーンはほとんどなかった。ゴール前で千葉の攻撃に粘り強く対応する愛媛の守備を崩すようなアイデア、思い切りのよさを欠いていたからだ。60分から交代出場した工藤浩平はスペースを見つけてはそこにパスを出したり、自ら入りこんだりしていて攻撃を活性化させたものの『1点』が遠かった。一方の愛媛は試合を通してシュートは4本だったが、そのほとんどが決定的な形だった。大野哲煥のファインセーブやシュートの精度不足で前半は得点できなかったが、後半唯一のシュートが得点となった。57分、町田也真人に愛媛は3バックの一角の前野貴徳が激しいフィジカルコンタクトでボールを奪取。そのままオーバーラップした前野のラストパスに藤本佳希がうまく合わせて先制点を奪い、熊本は虎の子の『1点』を守りきった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs山形】レポート:決定力不足の課題は残ったものの、スコア以上に攻守の内容で山形を圧倒した勝利

【千葉vs山形】レポート:決定力不足の課題は残ったものの、スコア以上に攻守の内容で山形を圧倒した勝利

下平匠選手「近い距離に人がいるからすぐにボールを奪い返せたり、ミスしたあとのリアクションもよかった」

【千葉vs山形】レポート:決定力不足の課題は残ったものの、スコア以上に攻守の内容で山形を圧倒した勝利

近藤直也選手「3点、4点取れるチャンスがあったので、そこのところの勝負強さはもうちょっとつけられれば」

【千葉vs山形】レポート:決定力不足の課題は残ったものの、スコア以上に攻守の内容で山形を圧倒した勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)