ジェフ便り

【天皇杯3回戦:神戸vs千葉】レポート:前半の前への推進力は好材料も変わった流れを取り戻せず、ミス絡みの連続失点で惨敗

岡野洵選手「1点取られた時にみんなネガティブになってしまった」

2018年07月11日 23:03 by akanuma_keiko

●岡野洵選手:
Q:前半は試合に入ったところから攻撃の形も作れていてよかったと思うのですが、そのあたりはやっていてどうでしたか。
「そうですね。1点(相手に)入れられてからはちょっとバタバタと崩れた感じで。これはリーグ戦でもあったことなので、そこを自分が入ってどうにか変えられるかっていうところだったんですけど、まあ、うまく後ろからいい波を作れずに、ここまで来ちゃったという感じですかね」

Q:前半、神戸は相手の左サイド、岡野選手のいるサイドに比重をかけてきたような感じだったと思うのですが、そこはどういうふうな対応を考えてプレーされていたのですか。
「うまく最初のほうは形も崩さずに僕とマスさん(増嶋竜也)の間と、僕とジェイさん(ゲリア)の間で連係が取れていたと思ったんですけど、まあ、やっぱり1点取られた時にみんなネガティブになってしまって、ちょっと後ろ重心になってしまったのかなというのがありました。もう点を取るしかないから、もうちょっと前からアグレッシブに強い気持ちを持ってやっていけば、結果は変わったのかなというふうには思います」

Q:神戸の渡邉千真選手と安井拓也選手がけっこうポジションチェンジを繰り返しながらというところも、最初に失点するまではうまく守れていた様に見えたのですが、そのあたりについては手応えとしてはいかがですか。
「うーん、そうですね。受け渡しというところで、まあ、失点しているからいいとは言えないんですけど、声をかけてやっていた部分もあったので、そういうところは継続kしてやっていくべきなのかなと思います」

Q:後ろの選手としては、前の選手が点を取りに行っているぶん、ボールの失い方が悪くて裏返されると、どうしてもきつい部分もあったのかなと思うのですが。
「うまく(前から)ハメている時に僕だったり、エベ(エベルト)だったり、マスさんだったり、ちょっと後ろ重心になってワンテンポ遅れてフリックされたりとか、そういうシーンはあったので、そこはもう行ききることが必要で、もう前からプレスに行っているから行ききるというところと、前からプレスに行けていなかったら僕らも後ろに下がるっていうところも、…なんだろ、メリハリを持ってやるべきなんだろうなと思います」

Q:久しぶりに長い時間出場しましたが、全体としての個人的な部分ではどうでしたか。
「まあ、チームにとっても、自分にとっても、この試合は大事で、チームにとってはリーグ戦でうまくいかない中で、このヴィッセル神戸、J1を相手にどこまで自分らのことが通用するのかという部分と、自分はなかなか(出場)チャンスがもらえない中で、ここでチャンスが来てどこまで守れるかっていうところだったり、自分の調子をうまく試合の中で出すべきだったんですけど、まあ、結果のとおり、ディフェンスをやっている中でこの大量失点はまずないですし、まあ、時分の中でも悔しい、もっと何かできたんじゃ中なって思うシーンがやっぱりあるので、ここで下を向いても何もならない。(試合の)映像をよく見直して、今後につなげるように頑張っていきたいと思います」

関連記事

【千葉vs福岡】レポート:数少ないチャンスをモノにして船山がハットトリック達成も痛恨の失点で勝利を逃す

【千葉vs福岡】レポート:数少ないチャンスをモノにして船山がハットトリック達成も痛恨の失点で勝利を逃す

船山貴之選手「後半は厳しかったですけど、その中でも点を取れていたのは事実。続けるところはいっぱいある」

【千葉vs福岡】レポート:数少ないチャンスをモノにして船山がハットトリック達成も痛恨の失点で勝利を逃す

大野哲煥選手「勝てた試合で引き分けに持ってこられたのはすごく悔しいですけど、今日はすごくいいゲームができていた」

【千葉vs福岡】レポート:数少ないチャンスをモノにして船山がハットトリック達成も痛恨の失点で勝利を逃す

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)