ジェフ便り

【山形vs千葉】レポート:サイド偏重で中央をうまく使えない攻撃、セットプレーのマークミスで自滅の敗戦

高木利弥選手「山形がなければ、自分はプロになっていなかったと思う。でも、山形に勝つことしか考えていない」

2018年06月09日 18:39 by akanuma_keiko

【写真】古巣の山形との対戦(第18節)を迎えるにあたって「山形がなければ、自分はプロになっていなかったと思う。でも、山形に勝つことしか考えていない」と話した高木利弥。

●高木利弥選手:
Q:天皇杯2回戦・ラインメール青森戦のPK戦では、千葉の7番手のキッカーでしたが、GKがボールに反応していたものの勢いで両手を弾いて決まりましたね。
「(フアン エスナイデル)監督には『おまえ、PKは下手なのか』って言われて(苦笑)。『いや、気持ちで押し込みました』って言ったら笑われました」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

三つ巴ならぬ四つ巴のバトル。【無料掲載】6/14練習の様子(写真7枚)

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のゲームプランどおりの展開の前半に先制し、後半の追加点奪取が奏功した勝利

佐藤勇人選手「ピッチに立つチャンスがあれば、うまいとか見ていて気持ちいいプレーとかではなく、全身で表現できるようなプレーをしたい」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のゲームプランどおりの展開の前半に先制し、後半の追加点奪取が奏功した勝利

近藤直也選手「(岡本昌弘選手との対戦は)楽しみですよ。ユースの時から対戦していましたからね」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のゲームプランどおりの展開の前半に先制し、後半の追加点奪取が奏功した勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)