ジェフ便り

【山形vs千葉】レポート:サイド偏重で中央をうまく使えない攻撃、セットプレーのマークミスで自滅の敗戦

古川大悟選手「課題はたくさんあるけれど、スタメンで出られたことをポジティブに考えたい」

2018年06月09日 19:35 by akanuma_keiko

【写真】天皇杯2回戦・ラインメール青森戦で、スタメンで今季初の公式戦出場を果たした古川大悟は「課題はたくさんあるけれど、スタメンで出られたことをポジティブに考えたい」と前向きだった。

●古川大悟選手:
Q:今季はJ2リーグ戦で1試合だけベンチ入りがあっただけで、試合出場がない中、ずっと「試合に出たい」という話をされていました。ゴールデンウィークでの連戦で自分の出番のチャンスがあるかもしれないともお話をされていて、その出番がなかったあと、天皇杯2回戦・ラインメール青森戦でのスタメン出場で、今季の公式戦初出場となりました。振り返ってみてどうでしたか。
「久々、久々でもないのかな。まあ、でも、ああいうちゃんとした相手と試合をしたのがすごく久々ということもあって、でも、それを言い訳にはできないので、やっぱり(ホルヘ)サリーナスみたいに急に(試合のメンバーに)入ってもベストパフォーマンスを出せるようにっていうのを痛感しましたし、まだまだだなあっていう(感じです)」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【1/13練習レポート】パスと動きのスピードと正確性を上げ、球際では激しくアグレッシブにプレーする

【練習レポート】パスと動きのスピードと正確性を上げ、球際では激しくアグレッシブにプレーする

【無料掲載】1/13練習の様子

【練習レポート】パスと動きのスピードと正確性を上げ、球際では激しくアグレッシブにプレーする

佐藤勇人選手:「みんなすごく前向きですし、やる気に満ちあふれている」

【練習レポート】パスと動きのスピードと正確性を上げ、球際では激しくアグレッシブにプレーする

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)