ジェフ便り

【山形vs千葉】レポート:サイド偏重で中央をうまく使えない攻撃、セットプレーのマークミスで自滅の敗戦

ロドリゲス選手「勝利に対する執着心というのを前面に出して、何としても勝点をもぎ取りたい」

2018年06月09日 18:38 by akanuma_keiko

【写真】前節(第17節・山口戦)でもビッグセーブを何度も見せたロドリゲス。チームのシステムが変わっていることに「どんな形で戦っても、試合だからやりやすいところと難しいところがある」と話した。

●ロドリゲス選手:
Q:一時期はアウェイゲームだけ出場していたのが、ここ最近は(天皇杯2回戦を除いて)連続でスタメン出場していますが、コンディションはいかがですか。
「やっぱり自分の出番が来た時にベストを尽くすというのは大事なことですし、試合を重ねれば重ねるほど、もちろん自分の状態もいいと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

三つ巴ならぬ四つ巴のバトル。【無料掲載】6/14練習の様子(写真7枚)

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のゲームプランどおりの展開の前半に先制し、後半の追加点奪取が奏功した勝利

佐藤勇人選手「ピッチに立つチャンスがあれば、うまいとか見ていて気持ちいいプレーとかではなく、全身で表現できるようなプレーをしたい」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のゲームプランどおりの展開の前半に先制し、後半の追加点奪取が奏功した勝利

近藤直也選手「(岡本昌弘選手との対戦は)楽しみですよ。ユースの時から対戦していましたからね」

【千葉vs愛媛】レポート:愛媛のゲームプランどおりの展開の前半に先制し、後半の追加点奪取が奏功した勝利

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)