ジェフ便り

【大宮vs千葉】レポート:内容は大宮に完全に圧倒されるも、小島の今季初得点&無失点でアウェイでの今季初勝利

【大宮vs千葉】レポート:内容は大宮に完全に圧倒されるも、小島の今季初得点&無失点でアウェイでの今季初勝利

2018年05月08日 11:56 by akanuma_keiko

薄氷を踏むような勝利だった。シュート数を見ても千葉の5本に対して大宮は20本で、ボールの支配率も大宮が千葉を上回った。そして、前半には2回、ボールがゴールマウスに完全に入ってゴールネットを揺らし、大宮が先制点奪取かと思われるような場面があった。特に40分の大宮のCKで河本裕之のヘディングシュートが決まったかに見えた場面でのオフサイドの判定は、Jリーグの場合では主審や副審によってはそうならなかったケース(試合後の最終的な判断や見解は別として、リアルタイムの試合中には)も過去にはあったと記憶している。それだけに、33分のロビン シモヴィッチのシュートの場面で近藤直也へのファウルがあったと判定された場面も含めて、判定にも助けられた勝利だった。だが、辛勝とはいっても勝点3には変わらず、選手が最後まで体を張って得た今季のアウェイゲームでの初勝利は、意味合いとしては単なる勝点3以上のものもあるように思う。

 

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs東京V】レポート:新井章の退場後の失点で後味の悪さが残るも、狙いどおりにセットプレーで得点して勝利

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

見木友哉選手「ポイント、ポイントでうまく点を取れたことでうまく試合を進められたのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

秋山陽介選手「ワンシーンごとに新井(一耀)選手とコミュニケーションをとりながらうまくライン設定もできて、やられない形というのが時間が経つにつれてどんどん作れていったのかなと思います」

【千葉vs東京V】新井一耀選手「準備してきた形がそのまま出たし、本当にいいボールが上がってきてくれたので、信じてそこのポイントに入って、ちゃんと当てるというところだけでした」

読者コメント

バックナンバー(もっと見る)