ジェフ便り

【千葉vs町田】レポート:『前へ』の意識&町田対策の攻撃と試合中のシステム変更が奏功して今季初の逆転勝利

熊谷アンドリュー選手「(相手が絞るのがわかっていたので)サイドに蹴るようにしたのがよかったのかなと思います」

2018年04月15日 19:38 by akanuma_keiko

●熊谷アンドリュー選手:
Q:今節はダブルボランチでスタートしましたが、前半の途中からアンカーシステムに変更してのプレーでした。
「まあ、相手があれだけ蹴ってくれば、どんなシステムでも関係なくセカンドボールを拾えれば自分たちのペースになるので。相手のフォーメーション的に絞るのがわかっていたので、見ないでもみんなサイドに蹴るようにしたのがよかったのかなと思います」

Q:2点目、3点目はまさにそういうところが生きたような気がするのですが。
「そうですね。あとはやっぱりタカさん(船山貴之)、(町田)也真人くんもそうですけど、すごくプレッシャーをかけてくれるので。あそこが自分たちのサッカーをやる中ではやっぱり重要だなと改めて思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs福岡】レポート:数少ないチャンスをモノにして船山がハットトリック達成も痛恨の失点で勝利を逃す

【千葉vs福岡】レポート:数少ないチャンスをモノにして船山がハットトリック達成も痛恨の失点で勝利を逃す

船山貴之選手「後半は厳しかったですけど、その中でも点を取れていたのは事実。続けるところはいっぱいある」

【千葉vs福岡】レポート:数少ないチャンスをモノにして船山がハットトリック達成も痛恨の失点で勝利を逃す

大野哲煥選手「勝てた試合で引き分けに持ってこられたのはすごく悔しいですけど、今日はすごくいいゲームができていた」

【千葉vs福岡】レポート:数少ないチャンスをモノにして船山がハットトリック達成も痛恨の失点で勝利を逃す

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)