ジェフ便り

【千葉vs町田】レポート:『前へ』の意識&町田対策の攻撃と試合中のシステム変更が奏功して今季初の逆転勝利

船山貴之選手「その前に(GKとの)1対1で(シュートをセーブされて)外しているので。取り返せてよかったです」

2018年04月15日 19:32 by akanuma_keiko

●船山貴之選手:
Q:今節に向けてどのような気持ちだったのか教えてください。
「チーム状況がよくない中で、ホームに帰ってきてっていう試合で、まず気持ちの面で戦う姿勢を意識しました」

Q:その中で見事に勝利を手にしました。この勝利をどのように感じていますか。
「ホームで勝てると一番大きいですけど、本当にアウェイで勝利して行かないと上には行けないので、次が大事かなと思います」

Q:決勝点となったゴールを決めましたが、ゴールシーンを振り返ってください。
「いや、まあ、ホント(足を)振り抜いただけなので、入ってよかったです」

Q:素晴らしいゴールでしたが、決まった時のお気持ちは?
「嬉しかったですけど、その前に(GKとの)1対1で(シュートをセーブされて)外しているので。取り返せてよかったです」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs栃木】レポート:今季初の3試合連続無失点は達成も『1点』を奪えず、14位でJ2での最低順位を更新

【千葉vs栃木】レポート:今季初の3試合連続無失点は達成も『1点』を奪えず、14位でJ2での最低順位を更新

矢田旭選手「ああいうのをこじ開けて行かないと来年もまた厳しい戦いになる」

【千葉vs栃木】レポート:今季初の3試合連続無失点は達成も『1点』を奪えず、14位でJ2での最低順位を更新

船山貴之選手「自分達らしいサッカーっていうのが全くできないで終わった」

【千葉vs栃木】レポート:今季初の3試合連続無失点は達成も『1点』を奪えず、14位でJ2での最低順位を更新

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)