ジェフ便り

【千葉vs町田】レポート:『前へ』の意識&町田対策の攻撃と試合中のシステム変更が奏功して今季初の逆転勝利

【無料掲載】4/13練習の様子(写真6枚)

2018年04月14日 21:14 by akanuma_keiko

普段はポーカーフェイスでクールにプレーしている近藤直也だが、サッカーバレーで相手の攻撃に反応しきれず、思わず苦笑いの表情を見せていた。

得点が入って勝利が決まったか、みんなで集まってハイタッチをしているエベルト、ホルヘ サリーナス、指宿洋史、ゲリアの4人。

この日は3勝をあげたというGK4人のチームだが、この場面では相手が返したボールを拾いきれず、大野哲煥を除く3人が倒れ込んでいた。

フアン エスナイデル監督がちょうど見ている目の前で、小柄な体をさらに低くしてヘディングでボールをつなごうとしていた茶島雄介。

サッカーバレーをやっている時、コートを移動しながら笑顔で話しをしていた選手たち。

自分たちのチームの攻撃が決まり、思わず左手を上げて喜ぶ高木利弥と少し驚きながら笑顔になっていた溝渕雄志。

関連記事

堀米勇輝選手「ああいう時間帯であのプレーが必要だったかっていうことに関しては、自分の中でもう一回ちゃんと整理して、今後にしっかりつなげていかなきゃいけない」

【千葉vs京都】レポート:3バック採用で守備は大崩れせずに済むも、攻撃はこれからの部分が多い中で引き分ける

鈴木椋大選手「自分たちをもう一回見つめ直して、やるべきことをはっきりして、意思疎通をしっかりしたい」

【千葉vs京都】レポート:3バック採用で守備は大崩れせずに済むも、攻撃はこれからの部分が多い中で引き分ける

船山貴之選手「しっかりハードワークして、闘う姿勢っていうのを見せたい」

【千葉vs京都】レポート:3バック採用で守備は大崩れせずに済むも、攻撃はこれからの部分が多い中で引き分ける

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)