ジェフ便り

【千葉vs町田】レポート:『前へ』の意識&町田対策の攻撃と試合中のシステム変更が奏功して今季初の逆転勝利

【直前レポート】ディフェンスラインのコントロールを的確に行ない、決定機で確実に決めきって得点する

2018年04月14日 21:18 by akanuma_keiko

まず筆者の持病の悪化による体調不良に加えて電車の遅延状況の読みが悪かったため、いつにも増してユナイテッドパーク到着が遅れてしまい、トレーニングの様子を一部しかレポートできないことをお詫びいたします。

陽射しは暖かさを感じるものの、吹きつける風にほんの少し冷たさが感じられた4月13日のユナイテッドパーク。筆者の到着時、選手たちは攻撃陣と守備陣の2チームに分かれ、攻撃陣はピッチAで、守備陣はピッチBでトレーニングを行なっていた。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

堀米勇輝選手「ああいう時間帯であのプレーが必要だったかっていうことに関しては、自分の中でもう一回ちゃんと整理して、今後にしっかりつなげていかなきゃいけない」

【千葉vs京都】レポート:3バック採用で守備は大崩れせずに済むも、攻撃はこれからの部分が多い中で引き分ける

鈴木椋大選手「自分たちをもう一回見つめ直して、やるべきことをはっきりして、意思疎通をしっかりしたい」

【千葉vs京都】レポート:3バック採用で守備は大崩れせずに済むも、攻撃はこれからの部分が多い中で引き分ける

船山貴之選手「しっかりハードワークして、闘う姿勢っていうのを見せたい」

【千葉vs京都】レポート:3バック採用で守備は大崩れせずに済むも、攻撃はこれからの部分が多い中で引き分ける

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)