ジェフ便り

【選手からの便り】矢田旭:ポーカーフェイスの裏側にあるポジティブで柔軟な対応力

選手からの便り:ポーカーフェイスの裏側にあるポジティブで柔軟な対応力

2018年01月28日 02:43 by akanuma_keiko

 

千葉のオフィシャルプログラム『UNITED』の“ザ・ドキュメント”でのインタビュー記事にも書いたが、そのインタビュー取材を行なった2017年12月7日の時点では、2018年シーズンに矢田が千葉でプレーすることはまだ決まっていなかった。風間八宏監督就任後の名古屋での出場機会は減っていたものの、矢田が中学、高校とアカデミーでプレーし、明治大学を経て加入した名古屋に戻る可能性もあった。その取材の場で、千葉に残ってプレーしたいという気持ちを抱いているという矢田に、家族など周囲の人々の反応について質問するとこう答えていた。

「みんなの意見は、ボクがどんな決断をしようと応援してくれるというものです。だから、最後は自分がどうしたいかっていうところになってくると思うんですけど、周りの人は嬉しいことに『どんな決断だろうと尊重するよ』と言ってくれているので、そこはしっかり考えて決断したいなと思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

『プロフェッショナル』を頭脳と身体で表現し続けていた近藤直也

【選手からの便り】『プロフェッショナル』を頭脳と身体で表現し続けていた近藤直也

【バックナンバー】これまでにジェフ便りで掲載した選手コラム【選手からの便り】をご紹介しています。

【選手からの便り】『プロフェッショナル』を頭脳と身体で表現し続けていた近藤直也

【選手からの便り】『読めない』言動の為田大貴に求めるのは『読めない』プレーで得点に絡むこと

【選手からの便り】『読めない』言動の為田大貴に求めるのは『読めない』プレーで得点に絡むこと

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)