ジェフ便り

【千葉vs岡山】レポート:こぼれ球への対応を考えたシステム変更、攻守で賢く体を張ったプレーで得た勝利

【無料掲載】10/5練習の様子をご紹介!(写真7枚)

2017年10月06日 18:43 by akanuma_keiko

アジリティの要素があるトレーニングで、チーメイトが投げたボールを聞き足とは逆の左足でも丁寧に蹴り返した髙橋壱晟。

アジリティの要素があるトレーニングで、守備の選手ながらも丁寧なボールコントロールでポールをすり抜けるドリブルをしていた大久保裕樹。

古川大悟はアジリティの要素があるトレーニングでのポールをすり抜けるドリブルを、体をしなやかに曲げながらやっていた。

ポールの高さを同じくらいの長身の岡野洵。こういったメニューの練習をやる時は手の指の曲げ方がちょっと独特だ。

紅白戦形式の戦術練習で、自分よりも背が高い乾貴哉を上回るジャンプでヘディングの競り合いをした北爪健吾。コーチングスタッフからは「ぶつかるなよ」という声がかかった。

紅白戦形式の戦術練習で、アランダが保持したボールを奪おうとして激しく競り合っていた清武功暉。

全体練習のメニューが終わったあとのジョギングで、佐藤勇人は笑顔でラリベイとずっと話していた。

 

関連記事

為田大貴選手「使ってもらえての200試合だと思うので、そこはまず使ってもらえていたことに感謝したい」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

鳥海晃司選手「攻撃の時はミスなくシンプルに(味方の選手にボールを)預けて、守備になった時にしっかり体力を使えるように」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

米倉恒貴選手「チームとしてこれは絶対に揺るがないという安定したところを毎試合出していければ」

【山形vs千葉】レポート:粘り強く守った結果の無失点は好材料だが、脅威となる攻撃が少なくスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)