ジェフ便り

【千葉vs岡山】レポート:こぼれ球への対応を考えたシステム変更、攻守で賢く体を張ったプレーで得た勝利

山本真希選手「できるだけ前の選手には負担をかけずに、攻撃のほうに力を注いでほしい」

2017年10月06日 18:05 by akanuma_keiko

写真:「できるだけ前の選手には負担をかけずに、攻撃のほうに力を注いでほしい」ということで、プレーしやすいように気を使うのも「僕の役目」と話した山本真希。

●山本真希選手:
Q:前節(第35節・京都戦)はけっこうサイドから仕掛けてフィニッシュまで持っていけていたと思いますが、真希選手自身の手応えとしてはどうでしたか。
「何もしてないです(苦笑)、特には」


Q:難しさみたいなものがあったのですか。
「いや、難しさは特になかったですけどね」

Q:チームとしてフィニッシュまで行けていても点を取りきれていないというところが今、響いてしまっているような感じでしょうか。
「うーん、まあ、どの試合も先に点を取れれば楽になると思いますし、そこで最近は特に点が取れていないのが響いちゃっているのかなとは思います」

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

為田大貴選手「使ってもらえての200試合だと思うので、そこはまず使ってもらえていたことに感謝したい」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

鳥海晃司選手「攻撃の時はミスなくシンプルに(味方の選手にボールを)預けて、守備になった時にしっかり体力を使えるように」

【千葉vs群馬】レポート:守備のやり方の変更は奏功するも、2点目を奪えず、最後まで守り切れずに逆転負け

米倉恒貴選手「チームとしてこれは絶対に揺るがないという安定したところを毎試合出していければ」

【山形vs千葉】レポート:粘り強く守った結果の無失点は好材料だが、脅威となる攻撃が少なくスコアレスドロー

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)