ジェフ便り

【千葉vs東京V】レポート:苦しい展開の前半を無失点でしのぎ、後半に先制もミス絡みの失点もあって引き分け

【千葉vs東京V】レポート:苦しい展開の前半を無失点でしのぎ、後半に先制もミス絡みの失点もあって引き分け

2017年09月03日 18:01 by akanuma_keiko

前半だけを見れば千葉が勝点を1も得られない可能性はなきにしもあらずという感じだった。だが、東京Vはあれだけ優位に戦いながら、前半の決定機はルイス オヘーダがセーブした16分のドウグラス ヴィエイラと22分のアラン ピニェイロのシュートの2回だけ。ボールを保持して攻撃を仕掛けても、思っていたほど決定機を作れていない東京Vの姿は、今季の千葉にもたまに見られるものだった。ハーフタイムに入ったあと、東京V番の記者が「あれだけ押し込んでいるのに点が取れていないのが気になる。ワンチャンスで千葉にやられたりするかもしれない」と言っていたが、後半はまさにその展開となった。
だが、千葉は先制しながらも守備のミス絡みで2失点。交代出場の大久保裕樹の今季初ゴールであり、昨季に千葉に加入してからの初ゴールで同点に追いつき、逆転できそうな得点チャンスを作ったが、それをモノにすることはできなかった。6位の東京Vとの勝点差はもちろん6のままで、千葉の順位は変わらずに12位。残り試合数が1つ減ったことを考えれば、J1昇格プレーオフ進出への道程はさらに厳しいものとなる引き分けだった。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【千葉vs水戸】レポート:攻守を修正して矢田と為田の移籍後初ゴールが生まれ、粘り強く守って勝ちきる

【千葉vs水戸】レポート:攻守を修正して矢田と為田の移籍後初ゴールが生まれ、粘り強く守って勝ちきる

キム ボムヨン選手「力をしっかりと入れて、もっと前から戦いたい」

【千葉vs水戸】レポート:攻守を修正して矢田と為田の移籍後初ゴールが生まれ、粘り強く守って勝ちきる

為田大貴選手「スペースがいっぱいあったので、仕掛けることをすごく意識できる状況にありました」

【千葉vs水戸】レポート:攻守を修正して矢田と為田の移籍後初ゴールが生まれ、粘り強く守って勝ちきる

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)