ジェフ便り

【千葉vs山口】レポート:勝利に貪欲な姿勢とプレーが生んだ土壇場の勝ち越しゴールで獲得した劇的な勝利

【千葉vs山口】レポート:勝利に貪欲な姿勢とプレーが生んだ土壇場の勝ち越しゴールで獲得した劇的な勝利

2017年08月12日 18:37 by akanuma_keiko

劇的な勝利だった。最後まで勝利に貪欲な姿勢を貫き、それをプレーで体現したことで獲得した勝利だった。だが、試合後の選手たちが異口同音に語ったように、先制点奪取後の有利な試合展開の時間帯に『2点目』を取りきれていれば、劇的な勝利になることもなかった。PKを与える元となった山口の小塚和季のドリブル突破、そこからのスルーパスを止められなかった守備も、今後に向けては要修正のポイントの1つだ。だが、今節で何よりも千葉に必要だった勝点3を、PKの失点で追いつかれて勝点1にしたままではなく、さらに言えば相手に流れを渡して逆転され勝点をゼロにしてしまうことがなかったのは、かつてないほどの大混戦のJ1昇格争いでは非常に大きい。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

レポート:前半は主導権を握って上積みは見られるも昨季からの攻守の課題は残っていた敗戦

【第23回ちばぎんカップ】レポート:前半は主導権を握って上積みは見られるも昨季からの攻守の課題は残っていた敗戦

茶島雄介選手「個人的には前半はすごくいい感触でプレーできたので、そこはすごくよかった」

【第23回ちばぎんカップ】レポート:前半は主導権を握って上積みは見られるも昨季からの攻守の課題は残っていた敗戦

高木利弥選手「いろいろと連携もまだまだ深めていかないといけないかなというのが正直な気持ちです」

【第23回ちばぎんカップ】レポート:前半は主導権を握って上積みは見られるも昨季からの攻守の課題は残っていた敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)