ジェフ便り

【愛媛vs千葉】レポート:愛媛の守備を崩す精度を欠いた攻撃、佐藤勇人の退場と監督の采配も影響した敗戦

【愛媛戦直前レポート】攻守で適切な距離感とポジショニングを意識し、積極的にシュートを打って勝利を目指す

2017年07月28日 17:55 by akanuma_keiko
 
 
前日のような大雨には見舞われなかったものの、曇り空からは時々霧雨が降り、練習時間の経過とともに霧雨が止んでいる時間のほうが短くなってしまった7月27日のユナイテッドパーク。夏休みとあって小学生の子どもたち、中学生、高校生といった年代の見学者も多く見られる中、10時からのトレーニングがスタートした。
【写真】アジリティの要素が入ったパス&シュートの練習を行なっているフィールドプレーヤーたち。多々良敦斗は真剣な表情でステップを踏もうとしていた。
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

近藤直也選手「選手一人ひとりが浮ついた気持ちにならない。自分たちのサッカーをいつも通りやっていこうと」

【J1昇格プレーオフ準決勝】レポート:微妙な判定での失点が影響してメンタル面が乱れ、攻守のミス続出で自滅感のある敗戦

比嘉祐介選手「アシストを一番狙いながらやっていきたい」

【J1昇格プレーオフ準決勝】レポート:微妙な判定での失点が影響してメンタル面が乱れ、攻守のミス続出で自滅感のある敗戦

佐藤勇人「今まで関わってくれた全ての人たちのためにも、次につなげたい」

【J1昇格プレーオフ準決勝】レポート:微妙な判定での失点が影響してメンタル面が乱れ、攻守のミス続出で自滅感のある敗戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)