ジェフ便り

【愛媛vs千葉】レポート:愛媛の守備を崩す精度を欠いた攻撃、佐藤勇人の退場と監督の采配も影響した敗戦

【愛媛戦直前レポート】攻守で適切な距離感とポジショニングを意識し、積極的にシュートを打って勝利を目指す

2017年07月28日 17:55 by akanuma_keiko
 
 
前日のような大雨には見舞われなかったものの、曇り空からは時々霧雨が降り、練習時間の経過とともに霧雨が止んでいる時間のほうが短くなってしまった7月27日のユナイテッドパーク。夏休みとあって小学生の子どもたち、中学生、高校生といった年代の見学者も多く見られる中、10時からのトレーニングがスタートした。
【写真】アジリティの要素が入ったパス&シュートの練習を行なっているフィールドプレーヤーたち。多々良敦斗は真剣な表情でステップを踏もうとしていた。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

ラリベイ選手「徳島戦でやったような、アウェイでの精神的な強さを見せることも大事」

【山形vs千葉】レポート:ラリベイのバースデーゴール2発も実らず、試合終了直前のミス絡みの失点で引き分け

溝渕雄志選手「自分がつかんできているものを続けてやるべきことをやる」

【山形vs千葉】レポート:ラリベイのバースデーゴール2発も実らず、試合終了直前のミス絡みの失点で引き分け

大野哲煥選手「気持ちの面では自信がついていて、いい感じです」

【山形vs千葉】レポート:ラリベイのバースデーゴール2発も実らず、試合終了直前のミス絡みの失点で引き分け

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)