ジェフ便り

【千葉vs金沢】レポート:早い時間の先制点で優位に立ち、球際の勝負やセカンドボールへの出足で上回って勝つ

高橋壱晟選手「ゴールも狙っていきます」

2017年07月21日 23:45 by akanuma_keiko
 
【写真】最近の試合では決定的なシュートを打ちながらも得点できていない高橋壱晟は「シュートは打てているので、あとは決めるだけ」と話していた。
 
●高橋壱晟選手:
Q:前節(第23節・熊本戦)は清武功暉選手がトップ下で、ラリベイ選手と指宿洋史選手の2トップという形で、いつもとは違う変則のシステムでしたが、やっていてのやりやすさ、やりにくさみたいなものはどうでしたか。
「まあ、どっちかというとサイドの高い位置に選手がいてくれたほうが、前にパスを出しやすかったかなとは思いますけど、うーん、そこはしっかり見てポジションをとれればよかったかなと思います」
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

茶島雄介選手「どこでも出られるように準備したい」

【1/13練習レポート】メインはほぼノンストップの前半25分間&後半35分間のハードな紅白戦

増嶋竜也選手「みんな明るいし、うまい選手が多いので、楽しくやっています」

【1/13練習レポート】メインはほぼノンストップの前半25分間&後半35分間のハードな紅白戦

佐藤優也選手「チームスローガンはパシオン(情熱)、それに進化をプラスするみたいなことで、できればいい」

【1/13練習レポート】メインはほぼノンストップの前半25分間&後半35分間のハードな紅白戦

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)