ジェフ便り

【千葉vs金沢】レポート:早い時間の先制点で優位に立ち、球際の勝負やセカンドボールへの出足で上回って勝つ

高橋壱晟選手「ゴールも狙っていきます」

2017年07月21日 23:45 by akanuma_keiko
 
【写真】最近の試合では決定的なシュートを打ちながらも得点できていない高橋壱晟は「シュートは打てているので、あとは決めるだけ」と話していた。
 
●高橋壱晟選手:
Q:前節(第23節・熊本戦)は清武功暉選手がトップ下で、ラリベイ選手と指宿洋史選手の2トップという形で、いつもとは違う変則のシステムでしたが、やっていてのやりやすさ、やりにくさみたいなものはどうでしたか。
「まあ、どっちかというとサイドの高い位置に選手がいてくれたほうが、前にパスを出しやすかったかなとは思いますけど、うーん、そこはしっかり見てポジションをとれればよかったかなと思います」
この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【2018シーズン総括】2018年に欠けていたものと2019年に加えてほしいもの

【2018シーズン総括】2018年に欠けていたものと2019年に加えてほしいもの

船山貴之選手「本当にジェフらしいサッカーっていうか、こういうサッカーだぞっていうのをね、最後に見せられたらいい」

【千葉vs栃木】レポート:今季初の3試合連続無失点は達成も『1点』を奪えず、14位でJ2での最低順位を更新

熊谷アンドリュー選手「しっかりホームで最後にみんなと喜べるようにやっていければいい」

【千葉vs栃木】レポート:今季初の3試合連続無失点は達成も『1点』を奪えず、14位でJ2での最低順位を更新

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)