ジェフ便り

【千葉vs金沢】レポート:早い時間の先制点で優位に立ち、球際の勝負やセカンドボールへの出足で上回って勝つ

【直前レポート】ディフェンスラインからの的確なパス出しで、ピンチを減らしてチャンスを増やす

2017年07月21日 21:07 by akanuma_keiko
前日には関東地方が梅雨明けとなり、肌に突き刺さるような厳しい陽射し、高い気温の猛暑の中での練習となった7月20日のユナイテッドパーク。選手たちはこまめに給水しながら、汗だくになってトレーニングに励んでいた。

4グループに分かれたフィールドプレーヤーは、ミニハードルでのステップ、ポールをすり抜けるローリングの動きなどアジリティの要素を経てのコンビネーションプレー、そしてミニゴールへのシュートという練習を行なった。猛暑の中でのプレーとなると、もちろんスタミナへの影響も大きいが、意外と俊敏性や細かな動きのキレにも影響が出やすいもの。選手たちは自分の動きの細部に気を使いながら、味方とのパス交換、そしてシュートの精度に意識を向けて取り組んでいた。
 
【写真】フアン エスナイデル監督がプレーを見守る中、4グループに分かれての鳥カゴ(ボール回し)を行なうフィールドプレーヤーたち。

この続きは1ヶ月無料のお試し購読すると
読むことができます。

関連記事

【直前レポート】連続プレーで貪欲にゴールを狙い、連続プレーで粘り強く失点を防ぐ

【福岡vs千葉】プレビュー:福岡のシステム変更や選手交代に柔軟に対応し、チーム一丸となって粘り強く戦いたい

フアン エスナイデル監督「やり方を変えているつもりは全くありません」

【福岡vs千葉】プレビュー:福岡のシステム変更や選手交代に柔軟に対応し、チーム一丸となって粘り強く戦いたい

【直前レポート】攻守両面でこぼれ球に素早く、粘り強く対応し、1対1の局面では相手に競り勝つ

【千葉vs松本】レポート:セカンドボールへの反応のよさと賢い状況判断のプレーを見せた千葉が5-1の完勝

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)