ジェフ便り

【千葉vs金沢】レポート:早い時間の先制点で優位に立ち、球際の勝負やセカンドボールへの出足で上回って勝つ

【直前レポート】ディフェンスラインからの的確なパス出しで、ピンチを減らしてチャンスを増やす

2017年07月21日 21:07 by akanuma_keiko
前日には関東地方が梅雨明けとなり、肌に突き刺さるような厳しい陽射し、高い気温の猛暑の中での練習となった7月20日のユナイテッドパーク。選手たちはこまめに給水しながら、汗だくになってトレーニングに励んでいた。

4グループに分かれたフィールドプレーヤーは、ミニハードルでのステップ、ポールをすり抜けるローリングの動きなどアジリティの要素を経てのコンビネーションプレー、そしてミニゴールへのシュートという練習を行なった。猛暑の中でのプレーとなると、もちろんスタミナへの影響も大きいが、意外と俊敏性や細かな動きのキレにも影響が出やすいもの。選手たちは自分の動きの細部に気を使いながら、味方とのパス交換、そしてシュートの精度に意識を向けて取り組んでいた。
 
【写真】フアン エスナイデル監督がプレーを見守る中、4グループに分かれての鳥カゴ(ボール回し)を行なうフィールドプレーヤーたち。

この記事は登録読者だけが閲覧可能な内容を含みます。続きを読むにはPublishers IDによる読者登録が必要です。

すでに登録済みの人はこちらからログインしてください。

関連記事

ラリベイ選手「徳島戦でやったような、アウェイでの精神的な強さを見せることも大事」

【山形vs千葉】レポート:ラリベイのバースデーゴール2発も実らず、試合終了直前のミス絡みの失点で引き分け

溝渕雄志選手「自分がつかんできているものを続けてやるべきことをやる」

【山形vs千葉】レポート:ラリベイのバースデーゴール2発も実らず、試合終了直前のミス絡みの失点で引き分け

大野哲煥選手「気持ちの面では自信がついていて、いい感じです」

【山形vs千葉】レポート:ラリベイのバースデーゴール2発も実らず、試合終了直前のミス絡みの失点で引き分け

読者コメント

コメントはありません。

バックナンバー(もっと見る)